新着Pick
443Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Pepperを開発したソフトバンク ロボティクスと、「ロビ」や「ロボホン」といった小型ロボットを開発し続ける国内屈指のロボットクリエーターの高橋さんに対談してもらいました。人とのコミュニケーションにおけるロボットの可能性がテーマです。

コミュニケーションは人が得意としており、ロボットにその代わりは不可能と素人目には思ってしまっていますが、人の代わりではなくロボットだから生まれる新しいコミュニケーションがあると高橋さん。二人が描く2020年未来には、家庭でも移動中でもロボットと共存する世界がありました。

Pepperはなぜあの背丈と顔なのか、高橋さんがつくるロボットはなぜ小型で子どものような喋り口調なのか。コミュニケーションロボットゆえにこだわっているポイントも興味深いです。
吉田健一くんは、ゼミもサークルも同じ大学時代の友人。ペッパーの体験価値は、取締役を務めるメガネスーパーのスマートグラスで、ペッパー越しの遠隔接客とかを試してるので良く分かってるつもりだが、どこまで人間らしくあるべきかで、もう少しバリエーションと試行錯誤のデータ蓄積があるも良い様に思う。
「おみくじ」もありがたいと思う人もいますから、ロボットもひとにより心が通うのでしょう。
この連載について
ロボット、AI、IoTをはじめとしたテクノロジーによって、飛躍的な進化がもたらされる近未来のビジネスソリューションや、情報革命の “次の一手”を紹介します。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.69 兆円

業績