新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに昨日松尾さんが言っていた、20代で3,000万円稼げる優秀なITエンジニア。文中の空港ターミナルの指定はホントに便利で、何処の空港に着いてもすぐにウーバーアプリ開いて、目的地入れるのデファクトになっている。時々、日本の空港に着いた時に開いて、全然車居なくて規制されてるの思い出して、そっとアプリ閉じる瞬間の悲しさったら無い
アメリカでも少しずつウーバーの空港ピックアップが規制されつつある。タクシー乗り場自体が一種の利権だからね。こないだNYのラガーディア空港でウーバーが締め出し食っててイエローキャブの大行列にならばされたので最悪だった。
生まれも育ちもグローバル。背景がアメリカ一色じゃないのも好感もてる。それでいてハーバードのコンピューターサイエンスを卒業(マニアなことをいうとカルテックかカーネギー・メロンならなお良しか)。28歳で50人のエンジニア・デザイナーチームのリーダー。こういう人が世界で存在感を発揮していく時代。年収億越えでも良いのでは。
岡村さんがおっしゃる空港での機能が付いてとても便利に。最近はショッピングモールから呼ぶときも、マクドナルド前、スターバックス前とか、近くの目印になるポイントを選べるようになり、ドライバーに会えないことや、電話でやりとりして説明する必要が殆どなくなった。

東南アジアでは、ライドシェアでグラブがあるけど、自分がウーバーをより使う理由はこれ。
うわぁ、カッコいいなあ!!!ウーバーのテクノロジーを支える日本男子28歳!

こういう、世界で活躍する若者にもっとスポットライトをあて、日本にいる若者が憧れる存在になると良い

> 「ウーバーはデジタルとフィジカル(物理的)な体験が融合したサービス。ユーチューブでは画面の中のデザインや体験しか考えなかったが、ウーバーでは天気のことや、サンフランシスコとインドの利用環境の違いなども考えないといけない。机上で終わらないところが面白い」
ご本人はあまり気にしてないんじゃないかなぁ 日本人とかそうでないとか
この方を日本人として仲間意識で紹介するメディアが遅れているのでしょう。父親が〇〇県出身ということで県人会の仲間に入れる地方新聞と同じメンタリティです。アメリカを持ち出さなくても、ロンドン市長やアイルランドの首相、例を挙げればきりがありません。
開発者も外に出て観察している『一番苦労するのは、「デジタルとフィジカルの"境界"をいかにスムーズにするか」』
負けたくないですね
若い人が海外で活躍されているのは素晴らしいですね。日本でも国や年齢関係なく活躍出来る環境が広がることを期待したいです。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
10.4 兆円

業績