新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろん、顧客セグメンテーションなど各社の戦略は重要ですが、顧客にとって大事なのは選択肢が広いこと、資産運用会社間に競争的環境があることです。大手資本系列の数社が利益相反の可能性を孕みながら投資信託をやっている現状より、内外の独立系の資産運用業者が競い合い、その社員が(大手金融機関系列と違って)サラリーマン的な給与体系ではない報酬体系で仕事をするようにならないと、顧客にとって不幸なことだ。東京都の「国際金融市場・東京」構想では、内外の資産運用業者の育成と参入を促進することを第一の目標にしています。
西社長は、銀行の市場部門で活躍したマーケットセンスのある方。
確かに、アセマネは「パフォーマンス上げれば」「時宜にあった商品作れば」というプロダクトアウトの発想が根強い印象があるが、そろそろ本腰を入れてマーケットインの視点を強めるべき。
野崎さんの仰る通りで、日本の系列運用会社はとにかく売れる商品の開発にばかり注力している。販売を担う銀行や証券会社が主流で、資産運用はどちらかというと傍流のような位置づけだから、どうしても販売が売りやすい商品ってのが優先される。銀行や証券会社が運用会社を保有できないようにするのがベストだと思うな。
お客さまを知る事は重要でICT活用や直販にも繋がりそうですね。
一方で投信は保険業界の学資保険の様に「学資投信」や「こども投信」を業界挙げて開発/提供されると好いと思います。多様なお客さま需要に応える事も要る一方で、分かり易いカタチでセグメント別マーケティングするには(個社だけではなく)業界挙げた取組みも要ると考えます。
消費者ニーズがほぼ同じ(低リスク、高リターン)のため、セグメント化しにくい。結果、数社集中。これを変えるには、顧客インサイトの深堀+AI調査で新しい示唆出しですかね
顧客細分化よりも商品の絞り込みが最初かと。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.33 兆円

業績