新着Pick
730Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
山手さん、ありがとうございました!

前澤さんの頭の中は私にもうかがい知ることはできません。
確かに次原さんが言うように、私たちの何倍速で未来を見ているのだと思います。

今回の対談で私自身、山手さんからのご指摘などで頭が整理できる部分がありました。

何人かの方がご指摘されているように、ファッションはコスパだけで売れるものでもありません。
まだまだ、ファッションで伝える夢があるし、作り手の思いがもっとたくさんの人の元へ届く仕組みがあると思っております。

前澤さんだけでなく、熱量を持った新しい世代がファッションビジネスを作り、未来に夢を描けるように、もっと取り組んでいかなくてはと思いました。

ちなみに、クラウドファンディングを生かしたこんな取り組みもしております。
人と人とを繋げるファッションを応援していきたいと思います。

https://camp-fire.jp/closs

今後もファッション業界の変化を見守っていただければと思います。
軍地さんのファッション業界への並々ならぬ想いに圧倒されっぱなしの対談でした。貴重な機会をいただきまして、ありがとうございました。
最終回のタイトルにある「前澤社長の頭の中」は私のような凡人には窺い知ることができません。
今後の動きを逐次チェックするのみです。
PB早く発表したい。着々と準備は進んでます。
つか、リアリ店舗とEC在庫の奪い合いとかいう不毛な事をしている既存のメーカーが変なだけやん笑。ゾゾに在庫ないのに店舗では売れ残りとかアホだと思うし、そもそもゾゾサイズは分かってるけど個別店のECのサイズはバラバラ。全然消費者の方を向いてない笑
ZOZOでPB展開をするというのは知りませんでしたが、これはすさまじい破壊力ですね。アパレル業界はなにかと継続的に見てますが、見始めてから最大級の驚き、大袈裟でなく鳥肌が立ちました。なぜか。
普及価格帯のファッション、特にレディスは、トレンドの流行り廃りがあり、勝ちパターンを突き詰めると、言葉は悪いですが要は「如何に素早くパクれるか」。QR(quick response)ともいわれ、市場のトレンドを素早く捉え、企画に落とし素早く市場投入するか、ということですがやっているのは売れてる他社商品を見てその要素を取り入れる、ということを人が店を訪問し目で見てやっているわけです
しかし、ZOZOであれば、どのような型、素材、価格帯、カラーのものがどう売れているかのデータを全て抑えており、それをもとに自動的に企画を作れ、さらに結果としてそれが売れたか、売れなかったときはどうトレンドが変化したのかまで全てデータでわかってしまう。恐ろしすぎます。
こんなデータを持っていた企業は今まで存在しなかったわけで、長らく変わらなかった「人の目を使ってパクる」という勝ちパターンが根底から崩れることになりそう。出店している各社は、ZOZOにせっせとマーケティングデータを提供してる、という構図になるが、依存度が高くやめられない。
恐ろしすきる(2回目)
ZOZOTOWNは蓄積された膨大な販売データによって、各個人の嗜好にあわせて服を提案できます。
ただ、次に流行る服の予測や新たなトレンドを自ら作るのは難しいのかなと思っていました。

ですが、よくよく考えるとスタートトゥデイはオシャレさんがコーディネートを自由に投稿するアプリ「WEAR」もやっていて、そのデータを使えば、これから流行る服の分析もできるのかもしれません。
若い女性は、ファッション誌替わりにWEARを使っているようで、スタートトゥデイは雑誌業界にも影響を与えているようです。
ユニクロ、GU、しまむら、新興アパレル、
ゾゾタウン、ショップリストの強さが
黒船(H&Mなどのファストファッション)の拡大を
国内で阻止している。広い意味で言えば、これらは共存共栄である。
軍ちゃん まだまだ甘いな…。ww 前澤友作の頭の中はそんなもんじゃないって。ww
最終回、今回も面白く勉強になる!
週末読まれていないアパレル関係の方はぜひ全3話、読んでいただきたい!

① 街から消えるハレの場。だれが「百貨店」を殺したのか?
https://newspicks.com/news/2282170
② 洋服のタブー!有名ブランドの「原価率」を大公開
https://newspicks.com/news/2282202

今回も興味深いグラフが。EC売上比率。アパレルではオムニチェネルに成功している例としてUAがよく取り上げられる。しかし、さすがに規模感もあって16%程度。TOKYO BASEのEC比率の高さは、参入時期も含めて、当初よりこれが大前提にあったからこその数字だと思う。また、UAと同じく、オムニチャネルの成功例として挙げられることの多いベイクルーズの比率の高さはさすがだなと思う。ベイクルーズは、ZOZO、自社含めかなりECに力を入れている印象。
ZOZO離れは、他の小売で、楽天離れが始まったのと同じ動きだと思う。やはり、プラットフォームで売っていると「薄利多売」になりがち。ZOZOもクーポンを多発することでかなり売上を稼いでいるブランドが多いと思う。
日本製についても少しだけ、軍地さんがおっしゃられているように、1990年代後半〜2000年代前半に日本のアパレルも海外シフト(アジア)が一気に進んだ。しかし、「MADE IN JAPAN」が売れることに気付き、日本製にシフトしようとしたが、海外生産にシフトし、日本の生産力が一気に落ちたので、なかなか日本の生産は応えることができなかった。日本は家族で経営されているような工場が多くを占めていたりする。
ZOZOのPBに関しては、軍地さんのご指摘がかなり的を得ているような気が。どんなものが出てくるか楽しみ。
連載3回とも、大変興味深く読ませていただきました。
前澤社長の頭の中の謎解き、大変おもしろいです。サイジングというのもありそうですが、人が服を買う理由はそこまで実用的なものだけでなく情緒的な部分も多いと思います。服を買いたくなる理由って、やっぱり流行ってるからとか、おしゃれな人・憧れの人が着てるからとか、マスの人はそういった理由か大きそうです。

だとすると、過去に買った服や自分のサイズ等々よりも、過去に見たWEARやインスタのコーディネート写真からおすすめしてくれたり流行を予測したりという方が刺さりそうです。憧れのモデルさんをコーディネートを含めてバーチャルに作っちゃう、みたいな・・・
まあすでにできそう&IoT感はあまりないですかね。引き続き注視です。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,684 億円

業績