新着Pick
426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は以前から、三井不動産のライバルは他の不動産デベロッパーではなくFacebookであると言ってきました。

人と人の交わり、情報の情報の交換という、都市が人口が集積していることで果たしてきた機能を、ネット上でより効率的に、自由度高く行えるからです。それに加えて、人々のSNSに対するリテラシーが高まる中で、より深い感情の交錯や、ネットを起点にリアルな場での交流も始まるという役割まで担うようになってきています。
都市が、リアルな存在であるがゆえに持つディスコミュニケーション性を、ソーシャルメディアの特性を上手く使ってクリアしています。

我々のようなリアルな場のデザイナーにとって重要なのは、Facebook で知り合った人たちが、最終的には実際にあってコミュニケーションすることを求めていること。人間が、まだネットだけでは真なる関係性を構築できないこと(しにくいこと)を感じているということです。
この価値をより具体的に言語化し、場のデザインに落とし込んでいくことで、Facebookと共存した、そして本質的な価値を保持したリアル空間を創っていくことができると考えています。
「リーン・イン」を読み、デジタル時代になった今の働く女性のロールモデルとして注目していたサンドバーグが、夫を失くしていたことをこの記事で知りました。
ほぼ同世代だけに、とても考えさせれます。

確かに、毎日のFBに自分の気持ちや、環境アップして、みんなのコメントで癒されることも増えました。なかなか、面と向かって言えないけど、FBには書ける。そんな場所になっています。

FBの立役者、サンドバーグの葛藤と苦労をこの記事で読んで、
これだけの人でもその道は平坦ではないんだと。

<抜粋>
サンドバーグの悲劇を機に、フェイスブックは忌引き期間を長くするとともに、病気や離婚など人生のつらい出来事に直面した従業員に、より柔軟な勤務時間を認める制度を導入した。それが他の会社にも広がれば、国の政策にも近い効果が見込める。
「私は自分が本当にいいと思っていることを、親友と一緒に仕事にしている。だからこれを続ける」と、サンドバーグは言う。

彼女の「プランB」というオプションを考えながらキャリアを考えることって、今の日本でも必要だなと思いました。特に女性にこの記事は読んでほしいです。
フェイスブックを語るとき、ザッカーバーグにばかり注目が集まりがちですが、ナンバー2のシェリル・サンドバーグの功績も絶大です。

フェイクニュースなどで批判を浴びるフェイスブック。その批判を乗り越え、「気持ちのシェア」の文化を広げることができるのか。サンドバーグの人物像に迫りながら、フェイスブックのこれからを考察するレポートです。
読み応えあります。内面をこれ程さらけ出す行為はとても勇気がいるでしょう。ブログの時もmixiの時もTwitterの時ももちろんfacebookの時も「なぜ日記を公開しなければならないのか」「アメリカ人はともかく日本人はそんなことしない」という批判は多かったと思います。ソーシャル疲れもたまにはありますが、ソーシャルに救われた人もたくさんいるでしょうし、新たな出会いもたくさんあったでしょう。それだけの価値を生みました。
当代キャリアウーマンの世界頂点に立つと言って過言でないサンドバーグの、内面とキャリアがまとまった良記事。

フェイスブックにとって、ザッカーバーグにとっても、彼女を得たことは本当に僥倖だと思います。とにかく才女にもかかわらずLikabilityが高い。

実はザッカーバーグはこれなど https://www.facebook.com/zuck/posts/10154544292806634 反トランプ発言を堂々と発している、それでも現政権と対峙せずうまくやっているのはサンドバーグの存在が大きいのだろうと思います。

一方のサンドバーグにとっては、9年間もなかなかの変人ザックの下に就いている意味は、今や最も巨大な国家中国の人口よりも多い17億人のアクティブユーザが日々閲覧し、書き込み、生きている、そのコミュニティをつかさどる仕事は、ある意味で国民国家を動かすよりもやりがいのある仕事だからではないでしょうか。

一点だけ蛇足、タイトルの「救世主になれるか」は本文とつながっていないように見えましたし、そもそも同社は救われなければならない窮地にも無いので、やや違和感を感じました。
ザッカーバーグは、プライベートでプリシラ、ビジネスでサンドバーグという2人の素晴らしい女性パートナーを得て、明らかにリーダーとして進化したと思う。この記事は女性にはもちろんだろうけど、男性にとっても多くの学びがあった
彼女の写真をみてもわかるように、「ありのまま」でいながら、まわりの力を発揮させていくことができる、稀な人材。これからの女性リーダーによる、わかりやすいマネジメントモデルが、が、ようやく現れたのではないか。”OPTION B”は、女性向けの読書会でとりあげていきたい、注目の本だ。
サンドバーグの新刊「OptionB」の内容を紹介しつつ、企業記事にまとめてあり、面白いです。

データや成果が重視されるビジネスの世界で「気持ちのシェア」をすることが効果的である、という指摘が面白い。

日本のビジネス社会はまだ、論理より感情優先のようなところもあるので、サンドバーグの成功事例のうち、どこを取り入れるか慎重に考えるほうがいい。まず、論理があってこそ、感情が生きるのだと思います。
「私は自分が本当にいいと思っていることを、親友と一緒に仕事にしている。だからこれを続ける」

彼女にこう言ってもらえるFacebook は幸せですね。

シェリル・サンドバーグがFacebook にいて、このプラットフォームのエバンジェリストであり、最高のマーケターであること。そして彼女自身の人生が魅力的であることが、Facebook にとってどれだけ有難いことか。

ザッカーバーグの彼女への信頼感、周りの人たちの彼女への信頼感、どちらも凄い熱量なのでしょうね。

そんな人間にならねばと思いつつ、ポストソーシャルはやはりますますと言うか、改めて、個人の体験の共有を強く意識していく必要があり、SNSはWeWorkを含めて上質な体験共有が求められていると思いました。
気持ちのシェア。
まずはこれくらいからなら始められるかも。

「シェリルがフェイスブックにきたとき、リーダーシップミーティングに『チェッキングイン』を導入した」とザッカーバーグはメールに書いている。「チェッキングイン」とは、会議出席者が本題に入る前に、そのときの気分や仕事の状況を話すこと。「あれから9年、ぼくらは今も『チェッキングイン』をやっている」
この連載について
ウェブ、ソーシャルの波に続く、新たな波が押し寄せている。AIなどのテクノロジーは世界と日本をどう変えるのか。社会、思想を中心に描いたSeason1に続き、Season2では、企業と個人を中心にして、ポストウェブ、ポストソーシャルの世界を有識者とともに考えていく。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
56.8 兆円

業績