新着Pick
980Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
2018年には「AI疲れ」という言葉が現れはじめ、より泥臭い活動(たとえば、テレセールス)、もしくは宗教的とも見えるほど結束した組織しか、価値を生まないことが明白になっていくと思います。人と関わっていく仕事を地道に取り組める会社が、結局は伸びると思うのですが、そうした数年先を見せてくれる、本企画は、これからのリーダーにとって、非常にタイムリーな企画。ありがたい。
4月末に掲載して、大きな反響があった「ポストウェブ、ポストソーシャル」の特集。とくに、落合陽一さんの以下の記事は、有料記事として歴代2位のPick数になりました。

【落合陽一:完全解説1.3万字】ポストウェブの技術・社会・仕事https://newspicks.com/news/2202356

Season2では、前回はあまり触れなかった、ポストソーシャル時代のSNSの方向性と、AI、ロボット時代の企業と個人について取り上げます。
最近よく見るWeWorkの本質はフィジカルSNSだったとは、はっとさせられます。ワーキングスペースを提供することを通じて、リアルの濃いコミュニティを提供しているということなのですね。

NPのアカデミアもきっと近い考え方なのだと思います。サービス提供は、いかに魅力的なユーザーを集めるかのフック、さらにいくとコミュニティに入る人を選り分けるスクリーニングであるかのようです。
facebook, LINE, instagramとこの10年ソーシャルは進化し続けましたが、現実のコミュニティを創り出すよりも個人の関係を強め続けています。
しかし、mixiのような昔のインターネットも、オフラインイベントのような質の安定しない場しか生み出せていませんでした。
新しい出会いと質を担保できるリアルソーシャルな場が日本にもできるか。注目しています。
フィジカルSNSってすごい言葉ですね。そもそもソーシャルってリアルな結び付きだったものがネット上で増幅されたものですよね。それがweworkのように再びリアルな場所の共有で増幅されるとは。
昔は仕事に人脈とかコミュニティとか要らん要らん、仕事ができるやつはそんなん頼らんやんって思ってましたが、レイヤーが上がって行くとそっちのが重要になっていくことを日々実感してます。1人じゃ仕事できへん
WeWorkが日本でも成功して撤退しないかどうかが、日本で「協働」という働き方が根付くかの指標にもなるので注目。
あのBloombergのシェリルの記事は響いた。あれだけの悲しみを乗り越え、力に変える彼女のリーダーシップと巻き込み力はさすが。最後にはシェリルの今後にも触れていて興味深かった。
NPの(佐々木編集長の?)最近のホットなトピックは,ウェブ上のコミュニティのリアルとの連携部分ですね.この特集も楽しみです.
みんなAAIのシステムへの実装がどんどん簡単になっているのを知らないのかな?「ブーム」という簡単な言葉で説明できるような表層的な現象ではないですよ。結局時代の流れについていけない人が「ブームは終わる」と言っているだけ。やる気のある人は惑わされてはいけません。いずれ歴史が証明します。
この連載について
ウェブ、ソーシャルの波に続く、新たな波が押し寄せている。AIなどのテクノロジーは世界と日本をどう変えるのか。社会、思想を中心に描いたSeason1に続き、Season2では、企業と個人を中心にして、ポストウェブ、ポストソーシャルの世界を有識者とともに考えていく。