新着Pick
1562Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
よくアポイントが取れましたね。とても興味深いインタビュー。
「日本が最も他国に劣っているのは役人ではなく、(大企業の)経営者だ」という直言は経産事務次官にしかできないものですね。
とんでもない事務次官が登場しましたね。経産官僚はこうでなきゃ。
"黙ってれば、得する。"
最大のタブーですし、現役世代が日本という国にしらけている最大の問題じゃないでしょうか。
これを官僚が言ってくれるとは思いませんでした。1番震え上がってるのは政治家でしょう。
昨日、経済産業省の菅原次官にお話をお伺いしました。賛否両論あったペーパーですが、その仕掛け人には、やはり痛烈なまでの問題意識がありました。
これは必読。最初にあのペーパーを読んだ時、これがオフィシャルに出せるということ、内容が分かりやすいことがあまりに不思議で、経産省の名を使った偽物かと思ったほど。しかし当然そこには壁があり、それを越えるための菅原次官の考えと想いがストレートに伝わってきました。

この記事は有料会員限定でなく、オープンにできないでしょうか。NPユーザー以外も含めて多くの人に読んでもらいたいです。
森川記者やりましたね。
「役所は硬直したもの」というステレオタイプの常識を覆す内容。
まだまだ日本の官僚も捨てたものじゃないという気にさせられる。

特に民間企業に対する発言は、インパクト大。。。
「日本を国際的に比較したときに、ある意味で一番劣っている、イケていないのは、実は経営者ではないかと」
「ある意味で、役人以上に守られている世界でもあるんです。」
「国際的な競争がダイレクトに激しくなってきた。なのに、日本は、経営者の育て方は、やはり相当立ち遅れているわけです。」
カチンと来るが(笑) 的を得ているし、本当の事。産業界を役人として見てきた人ならではの業界感だと思う。
ただ、役所が旧来の民間企業を飼い慣らそうとしてきた事も事実なので、そこは痛み分けにして欲しい。例えば、東芝の原子力問題。歴代経営者がミスを犯したのは事実だが、原子力国家日本のシナリオに経産省が噛んでなかったとは言えないでしょう?

この際、榊原さんと若手官僚の間で、昔ながらの民間指導をしてきた役人は無視して、未来を見据えた新しい経産省が生まれることを期待します。
先ずは地味だが、浮世離れしたレポートを簡素化する運動辺りから始めてはどうだろうか?
経産省は二つの派閥・系譜があるように思うが、今、主流のドメ・エネ系が、WH、東芝、原発、INCJ、どんどんややこしくしている。80年代と比べ、インテリジェンス能力が落ちている。グローバル系がダメになった。TPPでも。善意?の結果が悪い結果になっている。

経産省もどうも一枚岩ではない。二つの系譜と、政権との関係、だいぶ前だが4人組による内紛事件。そういう分析もしてほしかった。
この当たりは大西さんが詳しいだろう。
おそらく、省内では常識だろうが、個々の人間関係が不明。経産省には、OBの偉い方や、同期や友人が局長、審議官クラスだが、お付き合いしていて、想像はするが、それぞれの位置づけがわからない。
それを見ないと、政策の方向感や、政権が変わったときに、変わる政策、変わらない政策、などが見えてこない。
役人はいかに物事を分かりにくく書くか、という習慣が染み付いてしまっているのだそう。
問題を問題だと認めてしまうと、責任をとらないといけないから、怖がってできない役人が多い、と。

今回取材に同行して、そういった問題意識を次官自身が抱いていると知った。
高橋洋一氏が書いていたと記憶しているのですが、採用されたら省庁間の壁を崩して人事異動をさせた方がいいと。
つまり、中央省庁全体を一つの会社と考えて、国全体の利益を図るという意図なのでしょうね。
縦割りをしない人事院研修はその発端だと。

とはいえ、「局あって省なし」と言われるくらいのタテ社会。
実現を抵抗する輩がたくさんいるでしょう。
4/1の訓示(いわゆる入社式)で「頼むから経産省のために働かないで下さい」とメッセージしたり、「若いうちに辞めて民間にいくことについても、別にいいんじゃないの」と語り、菅原事務次官の魅力がビシビシ伝わるインタビュー。今の働き方に悩むすべての20〜30代のビジネスパーソンに読んでほしい記事。

"組織は、上が変われば下も変わりますが、実は「下が本当に変われば、組織は上も変わらざるをえない」という発想の転換をした"
"若手が本当は幅広い視野を持っている人間なのに、職務では、勝手に視野を狭くしているところがあったんです。"
これなんですよね。ポテンシャルは無限大。なのに、若手自身で勝手に自分で可能性を狭めて諦めてしまってる。これは絶対にもったいない。下からでも変えられる。下からだからこそ変えられることがある。
賛否両論で話題になった通称「経産省若手ペーパー」
ぜひ中の人の話も聞いてみたいですが、この記事が背景であれば内容は「経産省次官ペーパー」だった、という感じですね。すごい。
冒頭の「取材が来なくて寂しかった」というところから普通イメージする次官と違いますし、毎週金曜次官室で若手と酒を飲んだというのもなかなかできることでない。いい意味で「官僚らしからぬ」資料が日の目を見たのもトップの後ろ盾があったから、というのを聞いて納得です
あえて解決策は書かなかった、ということですが、一時の打ち上げ花火で終わらず、正にこれから一つづつ具体的な仕組みを提案していって欲しいです