新着Pick
288Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事が置き換わっていく最前線。当たり前の結論ですが、消える仕事もあるし進化して残る仕事もある。そして後者では機械と協働できる人、うまく使いこなせる人が勝つということでしょう。
自分に身近なコンサルティング業界で考えても、例えば30年前は手書きのスライドで、字の綺麗な清書専門の人がいたと聞いています。もちろんその仕事はなくなり、職業自体消滅したということ。一方で、リサーチ業務を見ると、SPEEDA君によって少なくとも財務的な情報収集のコストは劇的に下がったわけですが、ではリサーチの仕事がなくなるかというと全くそうではなく、如何に効率的にSPEEDA君を使いこなし、それ以外の情報を人手を使って集めることが価値になってきているように進化しています。ただし、SPEEDA君を使いこなせない人は全く役に立たないし、SPEEDA君がちょこちょこ犯す誤りなんかに気づける人は価値が高かったりする、ということです。
AIも基本的には同じ、という感じがします
※というくらいのコメントをスマホで書いたのが2回も消えた(泣)3度目の正直
人と人とが働く場面よりも、AIと人とが働く場面が多くなりそう。

新入社員がはいったとき ーー 
AIは、こんな風に、安心させるように話しかける。
「◯◯社へようこそ、ともにビジョンの実現に向かって、楽しく働きましょう!」

しかし、新入社員の彼女の一挙一動、そして仕事の進捗は、一瞬一瞬がすべて記録、パフォーマンスが数値で記録されていく。

数日後、新入社員の、パフォーマンスに満足できないAIは、
「何か仕事に集中できない問題はありますか? どうしたら、あなたの能力を、この仕事場で発揮できるようになりますか?」とコーチングをしてくるように。

このようにAIを教えていく側の価値観が、企業に急速に浸透することになる。となると、何が自分たちの企業文化かとわかっていない会社の社員は、入社後ほんの数週間で、疲れ果て、離散していくのではないだろうか?
日本では、まだAIによる仕事削減は遠いように感じますが、アメリカではわかりやすいAI活用の事例が出てきています。

5人の体験を読むと、「AIが人間の仕事を奪う」という話が単純すぎることがよくわかります。
AI導入期は特に正解を教える人間/マスターが重要な役割を果たしますね(当社でも導入期はベテランスタッフによるAIへの正解提供力で進捗/成果がまるで違いました)。
一方で汎用AIを教育するためのマスターAIも出てきており(やはり)AIの本格普及/浸透は「これから」加速度的に進むと想われます。
これだけ有効求人倍率が上昇し、人が採用できなくなっている時代において、企業はAIなくして継続的な成長は見込めない。技術ありき、というより、必要に迫られたらやる、というのが悲しいかな人間の心理なので、日本でも今年あたりから本格的に「生産性の向上」をテーマとして、AIによる業務リプレイスが行われていくはず。ただ、論点を間違えちゃいけないのはこのリプレイスが有効求人倍率を押し下げる訳ではないということ。仕事は沢山あるからね〜
落とし込むのは大変。理由は、モデルの可視化、モデルの進化、最終アウトプットへの反映に創意工夫がいること。でも、確実に時代が来ると信じたい
人の仕事のレベルは下記3つくらいに分けられるようになりそう。
Level①人工知能からレコメンドされた情報をもとに行動して新しい学習をする
Level②人口知能に学習をさせ生産性をあげる
Level③人口知能が知らないことを学習してアウトプットする

Level③の未知領域の学習をする人が「クリエイティブ」と呼ばれる領域の仕事をする人になるのかな。。
AIが導入された仕事のイメージが具体的にわく記事。そんなに遠くない。

AIは人間から学んでいるとはいえ、シーワートは自分の仕事が奪われる日は来ないと語る。まだ相当数の質問が、適切な答えを見つけるために人間の直感を必要としているからだ。不測の事態が起きて、例外的な対応が求められるときもある。
「人工知能が私たちに取って代わることはないと確信している」と、シーワートは言う。「直感をプログラムすることはできない。AIはかなり賢くなるだろうが、人間である私も立ち止まらずに知識を増やし続けていきたい」
全く余談ですが、5人のうち4人は女性、アジアも。こういう記事、読んでいて親密感あるしワクワクします!
会議のスケジュール管理を助けるAI「イングラム」

>なかには、AIアシスタントを試そうとして、変化球の質問を投げてくる人もいる。ホテルや飛行機の予約を頼んでくる人もいれば(会議のスケジュール管理以外のタスクはできない)、エイミーの年齢やアンドリューの誕生日を聞いてくる人もいる。
キムは言う。「エイミーとアンドリューがどうしていいか分からなくなったとき、私たちはどうやって美しくリカバリーするか」

AIには対応できない変化球には人間がリカバリーする。
まずはこういう形での協業なんですね。
イングラム使ってみたい。
この連載について
ウェブ、ソーシャルの波に続く、新たな波が押し寄せている。AIなどのテクノロジーは世界と日本をどう変えるのか。社会、思想を中心に描いたSeason1に続き、Season2では、企業と個人を中心にして、ポストウェブ、ポストソーシャルの世界を有識者とともに考えていく。