新着Pick
82Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
岩瀬さん、リテール金融向いてないと思うんだよね。ここまでやったんだからどうにかExitして、次に行った方がいいのでは。

ちなみに成長している生保は余程のことがない限り黒字にはなりませんよ。生保は超長期の契約で稼ぐものだが、日本の保険会計上、顧客獲得費用は1年目に全て費用処理しなければいけない。アメリカでは顧客獲得コストを合理的に想定される契約期間(途中解約実績を考慮)で按分償却していくので利益が出やすい。
そもそも改正保険業法が施行され、保険募集の規制が厳格化している現状にあって、保険会社の経営トップにいる方がこのような軽率と受け取られかねない行為をするのは正直目を疑わざるを得ませんね。
失礼ながら、この方に足りないのは、こういう所だと思っていたので、いいと思いますけどね。崇高な金融リテラシーを説いても、売れるもんじゃないと思いますよ、生保は特に。
最近はtoB向けのソーシャルセリングもSaas系のサービスでは広がり始めましたね。よくABM(アカウントベースドマーケティング)と呼ばれる見込み顧客を分析して、いついつのタイミングに自社で商品を購入するかをランク付けする方法も主流になってきました。ただ、これはお願い営業ではなく、ブログコンテンツなどのアクセスを分析してユーザーの趣向を元に適切な商品の提案を行うものです。

この手法を用いればどのタイミングで金融商品を購入するかにも結びつけられるので、今流行りのinsurtechの営業でも応用出来るかもしれません。
ライフネット生命保険株式会社(ライフネットせいめいほけん、英名:LIFENET INSURANCE COMPANY)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社。 ウィキペディア
時価総額
202 億円

業績