新着Pick
166Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナイキともトラブってたんだ。でも挑戦するとかならずトラブル起こるからね。挑戦した結果とも言える
不動産鑑定に関しては、鑑定士が100人いれば100通りの評価になるくらいで、客観的なものではありません。
ただし、不当に安かったり高かったりした場合には、再鑑定の必要がありでしょう。

ナイキのような外国企業は行政に対して堂々と要求をしますね。
国内企業だと、「江戸の仇を長崎で討つ」を恐れて消極的になりがちです。
(かつてのヤマトは例外ですが…)
すでに資産価値がガッツリと上がってしまった地域でのまちづくりは関わる人や企業の思惑もドロドロでしょうから、行政のハンドリングはとても難しそうです。
一方、一般的に価値が認識されていないような場所だったり建物だったりに少しづつ関わる人を増やし価値を高めていく取り組みはキツいけど楽しい。
渋谷区も定期借地権のスキームでタダで庁舎を建て替えようというあんまでは良かったんですけどね。。。こうした事例があると、他の区がやろうとしても、入札が入らなそうですね。
誰が何を所管しているのかは事業運営の前提である。
であれば、国、都、区が何をするかは本来事前にリスクとして検討すべき課題であり、究極法律が変わったから損しました〜とかはそりゃ受け入れられない。
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業である。1968年設立。ニューヨーク証券取引所に上場。グループ企業に同じくスポーツ用品メーカーのアンブロなどがある。 ウィキペディア
時価総額
9.32 兆円

業績