新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドネシア人でマンダムを知らない人はいません。マンダム、という社名で知らなかったとしても、そのブランドのギャツビーやピクシー(現地版女性向け)といったブランド名の認知度はとても高いものです。

先日発表された日本本社の決算は好調であり、それを支えたのがインドネシア市場の伸びです。SPEEDAおよび決算資料によれば、全体の売上げのうち約4分の1がインドネシアとなっています。

今日の記事では、マンダム・インドネシアの最近の概要を紹介し、インドネシア・ビジネスに詳しい松井和久氏(松井グローカル代表)のコメントも掲載しました。「日本製品は売れる」とか、「日本企業だから」という、巷でよく言われる言説に対して、大変興味深い指摘をしています。

なお、今回で「リアルタイムASEAN」は80回目の掲載となります。これまでのご愛読に感謝すると共に、今後とも地道にASEAN情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。

下記のページに移動してフォローすれば、新しい記事が「マイニュース」(スマホ)または「タイムライン」(PC・WEB版)に流れてくるようになります。基本は毎週土曜日、午前6時の公開です。
https://newspicks.com/user/9202

追記:コメント欄を拝見していると深掘りの需要があるテーマのようです。今後、深掘りの分析テーマとしてリストに入れます。このコーナーでは、基本的な情報をお伝えするのが趣旨です。その上で、コメントの反応をみながら深掘りを探し、リサーチをすすめ、別枠で2〜3回程度で記事を新たに出す、という方針でおります。
インドネシアでのマンダムは凄いですね。ベトナムでもインドネシアからの商品を主流に扱う商社を作られています。
広告も今後増やしていくようなので、ベトナムでの認知アップも期待です。
ギャッツビーはインドネシアでもシンガポールでも見かけることが多い。一方でUnileverのLUXのシャンプーコンディショナーは何故かシンガポールでは売られていない。石鹸はあるのに。
6年前にミャンマーのヤンゴンの雑貨屋で、ギャッツビーのワックスを見かけたときはビビりました。

大きい容器と小さい容器を両方用意するのは、インドネシアに限らず新興国でのBOPビジネスではセオリーですが、それがここまでハマるとは。

いまちょうどジャカルタにいますが、周りの男性たちの髪をついつい見てしまいます。自分がマンダムの社員ならば、とても誇らしいのだろうと思うし、業界は違えどたくさんの人に利用されるサービスを作りたいところ。

※リアルタイムASEANでは、ぜひアジアのネットマーケティング業界の話題もお願いします!
日本では柳屋のポマードを使っていたが、シンガポールに移住13年マンダムのギャッツビーを愛用。

マンダムなくして今の自分はありません 笑

現地日本人駐在の現場へ入り込む市場拡大尊敬します!

I Love マンダム&リーゼント!

STAY GOLD!!
ポマードで髪の毛をオールバックで決める! 
なるほど日本文化の押売りだと、売上は伸びない。泥臭く現地に溶け込ん出ますね。 
私の世代ではチャールズ・ブロンソンのCMでヒットしたマンダム、、、その時の社名が丹頂、そのイメージが強く。今でもいい意味で泥臭く感じます^^
そもそも何でインドネシアに進出しようと思ったのだろう。化粧品の好みが日本人と似ている所があるのかな。地域別の売上高でインドネシアの比率が24%というのは凄く高い。
面白いですね。

現地化ができた理由の部分、より詳しく知りたくなります
つまり、どの企業も文字にすれば"自分達の商品を使う人々がそれをどのように使い、何を欲しているかというニーズを掴むために、徹底的に泥臭く、様々な人々の生活の様子をつぶさに観察し"ということを実施されているでしょうから、マンダムならではの部分が気になります
ブラジルでもニッチながら良いポジショニングを取れていると思います。ギャッツビーのヘアワックスが4000-5000円くらいするけど売れているようです。

日本企業の海外進出で学ぶところがたくさんある会社だと思います。
知らなかったことなので面白かったです。確かになぜインドネシア?というのはあったのでさらなる深掘り記事も読んでみたい!
この連載について
高い経済成長を実現し、世界中から注目が集まるASEAN(東南アジア諸国連合)。インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ブルネイ、ラオスの10カ国からなる成長マーケットは今、どのような状態にあるのか。シンガポールに駐在するASEANエキスパートが旬な話題を現場から解説する。
株式会社マンダム(英語:Mandom Corporation)は、大阪府大阪市中央区十二軒町に本社を置く、日本の化粧品メーカーである。主に男性用整髪料やフェイシャルペーパーを中心とした男性用化粧品においてシェアは国内トップに位置する。主力ブランドはギャツビー。 ウィキペディア
時価総額
842 億円

業績