新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「結婚3年目の27歳女性です。子どもはいません。

私は主婦ですが、夫は一切の家事を手伝ってくれません。いつも食事が出てくるのを待つばかり。少なめにご飯をすれば、一品くらい作ってくれると思ったのですが、ひとりでコンビニおにぎりを食べたり、自分だけインスタントのお味噌汁を飲んだりで、全く手伝う気配を見せてくれません。

私は少しでいいから、一緒にご飯を作ってほしいだけなのに。夫に愛されていないのでしょうか。それともワガママすぎますでしょうか。」

という投稿を妻の方もしているかもしれません。




なんて、他人事じゃないので、今から食器洗います^_^
料理が苦手なのでは?
料理についてのみのコメント多いですが、私が気になったのは、彼の実家から送ってきた食材を使わず、腐らせていること。
これは、彼の実家に大変失礼な行為です。
彼も、もったいないと思うなら、実家に「うちはあまり料理しないから」ときちんと断るべきなのにそれもできていなさそう。
いずれ絶対、もめますよ。
ネットでそんな相談する男…絶対嫌だ。
うーん、直接語り合わないことには始まらないのでは。
愛情ではなく、

生活習慣の違い
己の選択ミス
自分で作ろう
そりゃ毎晩帰って飯をねだればウザがられるよ。朝メシなんて手前で納豆ご飯つくれば十分。ぜひ立飲み屋にいってカミサン楽にしてやりつつ、仲間を見つけて救われて欲しい。
この状況で離婚が認められるのか、弁護士の方々の意見を聞いてみたいです。
なぜ、そもそも、料理や家事で愛情をはかるのか謎です。
家事と結婚の契約なら契約違反ですが…。
逃げ恥的に。

だらしない可能性もありますが、
何かの心身の不調の可能性もあります。
加工食品ばかりだと健康面の心配がありますが、それと愛情論を結びつけるのは違うのかな、と感じたりします。
朝ごはんは僕が子供と奥さんの分も作っていますが、僕への愛情がないとは感じません。
同情的な意見が多いことに、驚き。

まあ、奥さんがかわいそうだから、離婚してあげては?という意見なのかもしれない。
新着記事一覧
大学入試記述式問題
福井新聞オンライン
2Picks

【OPEN INNOVATION 4.0 vol.1】日本ならではのオープンイノベーションに迫る新シリーズ始動!内閣府副大臣・平氏にインタビュー|eiiconlab 事業を活性化するメディア
事業を活性化するメディア eiiconlab(エイコンラボ)
2Picks

「天才部下」をその気にさせるルールのひとつは、黙って耳を傾けること
ライフハッカー[日本版]
7Picks

トップマーケターがオススメする「自分をアップデートしてくれる本」須田伸、郡司昇、市橋邦弘、稲垣聡 ②
Agenda note
3Picks

SNS時代の自分探し。キャリアにおける「やりたいこと」の見つけ方
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
16Picks

ついに50%超え、80歳で20本の歯を保つ方法とは 日本人の歯、歯周病関連は悪化の傾向も
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

「母親は産んでくれただけの人」と割り切った娘の本心 加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
2Picks

悩める人のための「視線をずらす力」 解決しやすい課題に視線をフォーカスするのがコツ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

民主主義を知らない「桜を見る会」擁護者 有権者を買収してはいけない理由が分からない大学生も
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
6Picks

『プリキュア』最新作が伝える、女性が「自分で道を切り開く」ヒント
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
3Picks