新着Pick
862Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
”往診ルネサンス”だ。
ここまで簡便・安心になると、在宅医療/介護の大きな味方になる。離れて住む家族にも安心だ。逆に、安易な受診促進にならないか不安になるほど。

質の高い在宅医療担い手の確保、”競争相手”となり得る地元の開業医、医師会との連携など、試行錯誤はきっとあろうが、こうした動きが医療界でどんどん出てくる業界風土になっていくことを応援したい。
医療業界特有のしがらみを上手く突破しながら、こういったものが普及していく流れが出来ればいいですね。ただ、受診のハードルが下がることによる医療費の高コスト化や、質の悪い医師の蔓延等々を防げるとより持続可能な気がします。

ICTの活用と、その後のBPOを組み合わせてるところにセンスを感じます。
この会社、サービスは素晴らしい、がしかし日本はイノベーション後進国でそれを象徴するニュースです。規制のせいです。ひいては立法府、政治家のせいで、更にはそれを選んでる我々国民のせいです。

当社がインドで投資している会社はアプリでそのまま問診が出来てしまいます。中国にも米国にも同様のサービスがあります。大人気です。なぜ日本ではせっかくアプリで医師が見つかってもそのまま往診せずにリアルに家に訪問しなければならないのか。オンライン往診が原則ダメという規制があるからです。その合理的な根拠はありません。ネットで薬を売ってはダメだがド素人しかいないコンビ二なら対面説明できるからOKという、あの摩訶不思議な事案と同じです。

イノベーションだ、開業率アップだというなら直ちにこういう不合理で諸外国には存在しない規制は全廃しないと筋が通りませんし、いつまでたっても日本から世界に冠たるスタートアップなど産まれるわけがありません。
おお、これは素晴らしい!!!一元的な保険制度がある日本だからこそできるサービスでもある。

(アメリカでは自分が加入してる保険のネットワーク内の病院じゃなきゃ保険が利かない、超不便なシステム。)
日本でもようやくですかね。

米国では、Pager( https://pager.com/ )という訪問医療サービスがあったり。
米国は医療費が高く、しかも待ち時間が長い社会事情なので、定額サービスとしても色も付け加えたUber型の訪問医療サービスは結構前からいくつか登場してます。

このあたりの記事が参考になります。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/120300023/120300001/?ST=health&P=1


この記事を見て、2年前、採用インターンのサマージョブ中にメンターとして見ていた大学生の子たちが、Pagerを探し出してきて、プレゼンしてくれたのを思い出しました。

その後、私の中で個人でプレゼンしたくなって、「注目のUber型サービスはデ〇バリーヘ〇スです」と、Pagerをプレゼンしたのを思い出しました。

ほら、訪問医療なんで。。。分かりやすくプレゼンするために。。。


追記でもうちょっと真面目なことを書くと、基本的に大手マンションデベロッパーさんと組んで、一戸7000万円以上のマンション、もしくは家賃40万円以上の部屋に住むユーザーを対象にマーケティングを行うのが良いなと思ってます。
シェアメディカル代表の峯さんは日本最大級の病院検索・薬検索・医療情報サイトQLife(その後、エムスリーグループ入り)の創業メンバー。医療×IT領域に真摯に取り組むイノベーターです。

私が初めてお会いした1年半前は、マンションの1室で仕事されていました。医療分野に関わる以上、医師と同じ気持ちで仕事するということで、白衣を着てデスクワークしていたのがとても印象的でした!
日本の医療の実情とテクノロジーに対する理解をベースに、革新的なサービスが生まれようとしています。『医療版UBER』というタイトルも分かりやすくていいですね。シェアメディカルのサービス、記事中にもありますがレノボもテクノロジー面でサポートをさせて頂きます。このようなローカルの実情にあったビジネスの開発にグローバル企業としてももっと参画出来るようにならないといけませんし、それらにフレキシブルに対応できるオープンイノベーション型の組織へ変革していくことが求められています。営業だけでなく全ファンクションがオープンイノベーションに参画できるような組織を目指して、また、オープンイノベーションの文脈においてグローバルとローカルを繋いでいけるよう、自社の改革にも取り組んでいきます。
続々と新しい医療の形を変えるサービスが出てきますね!
どこまで既得権益などの常識を取っ払えるのか楽しみですね!
個人的にはかなり期待しています。
往診を再定義する。後出しジャンケンですが、これ絶対やるべきだと思ってました。最近着目されている”訪問診療”と”往診”のちがいは、前者が計画的に週1回で行くことに対して、往診は緊急に呼び出されて医師が出向くことを言います。

まさに、医療イノベーション

記事中にも”ノマド医師”とあるように、医師の働き方改革になりえるかと思います。勤務医として、生活を捨てて医療に命を捧げるだけでなく、自由に生活していけることをさらに加速させかと思います。育児中だから、週2で登録しようなんてこともできるようになってくるかと思います。まずは都市部がターゲットかと思いますが、期待大です。