新着Pick
185Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康が当たり前に続いていた日常から疾患に倒れるということ、疾患に倒れて初めて見つめ直す日常の喜怒哀楽。心に染み入るものがあります。
バックナンバーがあるようなので、のちほど読んでみたいと思います。
まずお妻様という呼称から「なんなのそれ」と引き込まれる。
深刻な内容なのに「へー、そうなの?」「大変だったねえ」と井戸端会議をしているような感覚で読めるのは、筆者の筆力によるものだろう。脳の病気は、見えないだけにもどかしい。
私もバックナンバーをじっくり読みたいと思いました。
朝から引き込まれてしまいました。

失敗しないと、失くさないと、分からない、見えてこないことって多いですよね。

私もバックナンバーを、じっくり読んでみます。
いつも興味深く読ませて頂いています。
往々にして「すれ違い」は自らの思い込みから生まれているもの。
相手のためと思ってやっていたことが、本当に相手が求めていたこととは限らず、結果的に自分を苦しめることもあります。

脳梗塞による障害が残ったことで、発達障害のある奥さんの気持ちを理解できるようになった。
こんなポジティブな考え方と、ちょっとコミカルな表現が、魅力的だと思います。
これからも、記事を楽しみにしています!