新着Pick

三菱UFJ、契約社員に食事補助支給へ 正社員と同水準

朝日新聞デジタル
三菱東京UFJ銀行は、行員向けの食事補助について、正社員と非正社員を同水準にする方針を固めた。両者の待遇を近づける取り組みの一環。主に正社員が対象の「子ども手当」を新たに支給することも決めた。年明け…
76Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
元三菱銀行の行員としてコメントします。銀行では、正社員・派遣社員に関係なく、原則として社員食堂で昼食を取りますが、正社員はほんの僅かな金額だけ毎月給料から天引きされるだけなのに対し、派遣社員は違う待遇でした。しかし同じ職場に勤めていて同じ食堂で昼食を共にするのですから、これは同一待遇にするのが当然だと思います。
これは契約社員にとっては嬉しいですね。

今もあるのかはわかりませんが、私が勤務していた頃の銀行の社食は自己負担が一食あたり100円〜150円で済みました。
行内の食堂で、メニューが画一化されており利益追及が不要で補助があったからです。

野村投信に転職したら補助チケットを配布されましたが、野村ビルに入っているレストラン等は元値が高かったのでけっこう厳しかったです。

昼食代、サラリーマンにとっては毎日のことなので負担が重いです。

こういう施策によって、正社員と契約社員の人間関係も良くなればいいですね。
同一労働・同一賃金の原則に網羅された要請項目のひとつ。
当然の流れ。
取締役になった大先輩が、「社員食堂ではもう食べられないので弁当を頼んでいる」とおっしゃっていました。
正社員と契約社員の条件を合わせていくことは、今後、多くの企業で増えていきそう。
食事補助に子供手当と、本丸ではない細部ではありますが、着実に同一労働同一賃金の指針に沿って改善が進んでいいですね。
派遣社員は依然として対象外なんじゃないでしょうか。外部の人だから、福利厚生費でなくて接待交際費になるという税制を改めて、派遣社員も同じ待遇にすべきです。
「社食」があっての話ですね。
社食って補助が出るものなのか...
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英文社名:Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績