新着Pick
4Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事・・・中国が反対する米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の韓国配備を念頭に「中国側の重大な懸念を十分理解している。中国側と緊密に意思疎通し、両国関係の発展を阻害している問題について適切な解決を探りたい」と述べた。・・・
この記事を読んで思ったこと。
在韓米軍に、終末高高度防衛ミサイルを米軍が配備を決めて、韓国の前政権が受けいれることを決めた話だ。これは米韓関係の案件であり、決まったこと。そのことを米韓間で話し合うまえに、韓国の新政権の特使が中国を訪問して、あえて中国に対して懸案事項として提起したということになる。米国政府は「あれ、順序が逆ではないの」と思っただろうし、中国は韓国の新政権の姿勢に安心して次の一手を練っていることだろう。