新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は大部分の人が目にしたことはないだろう繊維機械を取り上げました。
豊田自動織機や島精機製作所など、特定のカテゴリで世界シェアを誇る企業がいる業界です。

日本のアパレル産業では暗いニュースが目につきやすい中、繊維機械は好調。
海外の景気動向に左右されるため、今後予想通り拡大するかは未知数ですが、ファストファッション企業などが伸び続けているので期待は大きいです。

今中国のアパレル産業では輸出向けだけでなく、国内需要向けとして消費者への訴求力のある商品が求められており、その提案ツールとしてこうした島精機のような製品が強みを持つように思います。
また翻って日本でも、ファーストリテイリングが新たなアパレル産業のあり方を模索。その一端を繊維機械の技術力が担っていくことを期待します。
*指摘により一部画像タイトルを変更しました。
とても勉強になりました。さすがKubokiアナリスト。ナイスKubokiです。消費地でのオンデマンド生産というのは今後の潮流だと思います。
工程の違いと付加価値の違いがもたらしているサプライチェーンの違いを考慮せずに地域の違いが語られていて、むずむずします。一方織りとニット(編み)は一緒に語られていますが、織りはテキスタイルの生産地と縫製場所は分離されますが、ニットはバングラ含め、通常一貫生産では?ニット衣料の生産が中心のバングラは、糸は輸出していなくても国内でニットテキスタイル自体は作っていて糸・テキスタイル生産量は多く、JUKIのミシンと同様ニットの繊維機械輸入額も増えているはず。

ちなみにアフリカは、コットンの世界的な産地ですが、人件費が安くないので、アジアの次の縫製地や、前述の理由もあり糸の生産地になかなかすぐに一気にはなりづらいのが難しいところです。でもToyodaやMurata、JUKIにブラザー、ペガサス、ヤマト、バルダンは入ってます。
繊維機械の高付加価値化の歩みと現状が学べて面白い。
1着から製造可能な島精機のホールガーメント(whole garment)横編機など、既存の低付加価値大量生産から、AIなどを駆使した高付加価値製品の少量生産など興味深い。
ライフスタイルの多様化が見られてきた先進国では、個性や自分らしさを生活や体験、モノ選びなどいろいろな場面で表現していくと感じます。ファッションは表現の代名詞になるようなものだから、オーダーメイドは広がりそう。

以下引用
〝最近のアパレル業界ではオンデマンド製造の動きが出ている。ファストファッションのような低コスト地域での大量生産とは逆に、消費地で生産する高付加価値型モデルだ。〟
アパレルに関わる方にお勧め!
株式会社島精機製作所(しませいきせいさくしょ、英語: SHIMA SEIKI MFG., LTD.)は、和歌山県和歌山市のニット機械製造・販売メーカー。公式サイトでは「総合メカトロニクス企業」を謳う。創業者は島正博。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 ウィキペディア
時価総額
1,035 億円

業績

津田駒工業株式会社(つだこまこうぎょう)は、石川県金沢市に本社を置く日本の繊維機械、工作機械用アタッチメントの専門メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
93.4 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.20 兆円

業績