新着Pick
80Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうした記事を読む度に、「障害があることを悲観しない世の中にしていきたい」と思います。

私自身が障害者の支援をするようになったのも、「子供より先に死ねない」という親御さんの状況を何とかしたいという想いからでした。

発達障害といっても、その特性は人により様々で、「こんな支援をすれば大丈夫」という一律の正解はありません。

また、『発達障害ではないか』と心配して病院に行く人の中で、実際に発達障害と診断される人は半数程度だとお聞きしたことがあります。
それだけ、発達障害というのは診断が難しいもの。

こうした方々が生きやすい状況を作っていくためには、「個々の特性をきちんと理解すること」「その特性に合わせた支援をしていくこと」がとても重要です。
私たち自身も含め、その支援に携わる人には強い覚悟と、支援の質を高め続けていく努力が必要だと感じます。