新着Pick
400Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そういえば、肥満率も貧富の差が影響してましたよね。貧しい場合は少ない金額で空腹を満たせる炭水化物の摂取率が上がるため、肥満率が上がるということです。
これはその通り
歯の健康は体の健康と言っても過言ではないかなと思います。少しの噛み合わせのズレが体調不良に繋がることもあります。日常的なケアがやはり大事。そして本件はその通りだと思います。歯科にかかるのはお金が必要ですし、痛みなど何か感じることがないとなかなか足を運びにくいもの。そしてお金に余裕のない方だと日常的に通うのは難しいと思います。
アメリカの職場の同僚女性は歯に300万円かけた、と言うてました。
歯の治療を中途半端で放置してしまうと後が怖いです、、
納得。また、高所得者の方が全体的に健康にお金を使っている。また、成功している人の方が「太く短く」よりも、長く生きることを目標とする人の方が多い気がする。
歯医者に行こうと思いました。
低所得者が歯の治療を受ける方法として、大学病院で学生の実験台になるというやり方があります。私費留学生は参考にしてください(笑)
所得と歯のケアにかけるお金の高低に相関があるのは当然で、しかしそこから因果関係を導こうとするのは間違っていると私は考えます。
確かに。

日本でも高所得であろう方が通う歯医者の一部では、健康保険法適用外の高級ホテルのような備えのあるところがあります。