新着Pick
252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ITの進歩と普及によって、従来の「垂直統合モデル」よりも「水平分業モデル」の優位性が際立っています。
ブロックチェーン技術が実用化されれば、その優位性は飛躍的に高まるでしょう。

トヨタをはじめとする日本の製造業も、構造改革をして「国際的水平分業モデル」に転換する必要があります。

ところが、厳しい解雇規制や労働条件の不利益変更の原則禁止などが構造転換を困難にしています。
最大のネックは労働者に対する過保護な法規制でしょう。

(追記)
トヨタ自動車が世界時価総額ランキングで日本の首位だったことから、世界首位のアップルと比較しました。
予期せず、非常に勉強になるコメントをたくさんいただき、深く感謝申し上げます。

ちなみに、ソニーの時価総額はトヨタの約3分の2です。
アップルとの差は歴然としています。
P項、I項の差でしょう。

アップルは、P項しかない。
トヨタは、I項しかない。

目新しさや、機動力に関してはP項企業でしょうが
製品品質はI項が不可欠。

製品品質に関しては、アップルは逆立ちしてもトヨタに勝てない。
論点が違うと思います。ものづくりの特性上、車と電話ではあまりに違います。自動運転となり、二進数で全て完結すれば別ですが、熱力学や流体力学が及ぼすものづくりの特性を無視していると思いました。そもそも、動く物と、動かない物とでは、生産特性が違い、バリューチェーンにも大きな違いがあります。比較することが誤りで、製品単価も大きく違いますよね。

時間総額で論じるのであれば、時価総額でトップに立った企業がその後どうなったか、などがあると面白そうに感じました^ ^
なんじゃこの記事。自動車会社とリンゴ会社を比べても仕方ないじゃん。
アップル、だけではありません。トヨタは世界市場において、今のままでは構造的に勝てません。世界のトヨタ、を信じたい日本の皆さん、自覚しましょう、、、そして、なぜなのかをよくよく考え、間に合う方(企業&個人)はぜひ対策を!
「解雇規制の緩和」を持ち出す必要があったかな?というのが正直な感想です。

人材マネジメントの観点から気になった点は下記の部分。

>指名解雇は言うに及ばず整理解雇にも厳しい要件が課され、基本給の減給すらほとんど不可能な状況に日本企業は置かれているのです。

評価結果に基づく降給(基本給の減額です)を制度として設定している企業は管理職が60.8%、一般従業員が45.8%です(労務行政研究所「賃金制度の実施状況」2011年)。

>工場ごとに分社化して独立採算制にしようとしても、労働者を転籍させて基本給を下げることは困難なので、分社化の意味がありません。

実務的には3-5年後とかゴールを設定して「適正水準」に徐々に近づけていくということを行います。同じ職務を担っているにもかかわらず会社分割等が行われたらその日(Day1)から報酬が減額されるというのはさすがに納得感がないと思うのですが。。。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.5 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
153 兆円

業績