新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

88Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
毎朝、この連載を読むのが楽しみになっています。

今日の発見は、「遺伝子の働きをコントロールする」という点において、ゲノム編集とエピジェネティクスが表裏一体の関係だということ。さらに、エピジェネティクスは遺伝子そのものに手を加えないので、導入のハードルも格段に低いと。

バイオテクノロジーの進化により、バイオ関連市場は2030年までに世界で300兆円市場になると見込まれています。主にインパクトを与えるのは、医療、農業、そして工業(素材開発含む)。もっともダイナミックな変化が生まれる技術領域の一つです。

"ゲノム編集というのは、遺伝子のいらないところを捨てたり、必要なものを入れたりして遺伝情報を改変する「技術」です。一方、エピジェネティクスは、クロマチン構造を緩めたり縮めたりすることでゲノムを書き換える「理学」と考えればいいでしょう。"
この記事を読んでいるNewspicks読者の投資家や経営者の皆さんが、胡桃沢先生に研究費を託していただけたら……!!知のフロンティア開拓をサポートするメディアということで、Newspicksが新しい価値を創造してくださることを夢想しつつ、毎朝楽しみに拝読しています。明日も楽しみです。
今回は、ゲノム編集とエピジェネティクスの相違点について触れられています。感覚的ではありますが、前者は患部を直接対処する西洋医学、後者は全体から身体のバランスを整える東洋医学の考え方に似ていると思いました。
おもしろいけど怖い。
ゲノム編集との違いが理解でき良かったです。

使わないからといって消しちゃうと後々困る場面も出てくるかもしれないので、モジュールとして残しておいて、必要に応じて読み取りを切り替える。そんなプログラマーあるあるを見た思いでした。

人の遺伝子の9割は不要な一方で保持され続けているというのは、人類が数多の変わりゆく自然を長い歴史の中で進化を遂げながら歩んできた遺産なのだろうと感慨深かったです。
この連載について
政治、歴史、遺伝学からAIまで、各学術分野の研究は、ビジネスにも有用な知見を提供する。しかしその最先端では、むしろ「わかっていないこと」の方が多いはずだ。そこで本企画では経営学者・入山章栄氏が、各分野の最先端の研究者と対談。それぞれの学問はいま「どこまで何がわかっていて」「逆に何がわかっていなくて」「ここから何をやろうとしているのか」を議論し、「知のフロンティア」からビジネスパーソンが学ぶべきことをあぶり出していく。