新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
塚田農場は苦戦続き。

先日は「塚田農場のお弁当好調」という実にけったいなしかしピッカーはなぜか大絶賛という提灯記事が出た。有報にすら「事業セグメント」として出てこない事業なのだ。この焼き鳥もまた同じ。この記事も含めてこういう「副業アゲアゲ記事」が出るのはむしろ本業の苦しさの裏返しと思ったほうがよい。

さて。本業のほうといえば持ち味の非価格競争が飽きられて客数を減らしてそれを回復させるための価格競争に遂に巻き込まれてしまった。そしてそれが業績の悪化に拍車をかけている。このことはすでにコメントしてきた↓
https://newspicks.com/news/2060036
https://newspicks.com/news/2177723

本業がダメなときに手を出す副業はうまくいかない。わたしは本業の立て直しこそが本来取り組むべき真っ向勝負の本筋だと思うんですけどね。
前期既存店売上で一月も昨年を超える事の出来なかった塚田農場。売上94.3%で客数は95%でした。元々非効率な接客で客単価を上げていた店が、そこを省略すると内部も外部もやはり影響は大きいです。
次は人手不足対応モデルの店ですが、超レッドオーシャン。なんとか長所を活かして欲しいと思うのところです。
直近の決算書を後で見てみたいと思いますが、宮崎の農業者の方々との関係構築は素晴らしく、都農ワインに出資されるなど、心暖まるストーリーをたくさん持っている会社だなぁと思います。
直ぐにパクられる業態だからねぇ
今からレッドオーシャンの低価格焼鳥店路線に向かうとは、新規業態への手の広げ方で迷走している感じですね。
塚田農場よりは、四十八漁場の方が地方漁港の珍しい魚種を品揃えしていて面白いと思いましたが、やはり漁港直送モデルなので店舗数のスケールアップは難しいのでしょう。
業績が伸び悩んでいると聞いていましたが、記事中に「次の仕掛けは低単価の焼鳥店チェーン」の詳細が見えて来なかったのが気にかかるところです。

鳥貴族とは違うユニークネスな展開に期待しています。
一旦は垂直統合の時代
塚田農場(つかだのうじょう)は『日南市じとっこ組合』などを展開する株式会社エー・ピーカンパニーが運営する地鶏居酒屋チェーン。主に首都圏と関西地方で展開している。 ウィキペディア
時価総額
40.0 億円

業績