新着Pick
510Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
国民皆保険はいい事だと思ってる日本人が多いが私はそうではないと思っている。まず、病気になっても格安で治してもらえると思うから予防に力を入れない。これは予防を軽視している人は保険が使えないようにすればよい。が、おそらく医師会などが猛反発してそうはならない。もう一つは特に高齢者や生活保護受給者が薬を貰いすぎる問題。そしてあまりにもカジュアルに病院に行ってしまう風潮を作り出している。この辺を解決しないといけない。
仕事柄、アメリカの医療保険の動向は見ています。また、アメリカ駐在して人事も経験した身としては他人ごとではないですね。日本法人所属の自分は日本の保険商品に加入していましたが、立て替え払いが厳しかったです。記事中にもありますが、医療費が法外に高額なので若手駐在員には立て替えることはおろか、クレジットカード(上限)の一括払いすらできない金額です。病気になったら会社の上司から借りるしかないという状況でした。結局2年間一度も病院に行くことなく耐えました。一方、現地スタッフの人事をやっていて知ったのは、オバマケアでさえ極めて高額な保険料を払わねばならず、それにもかかわらず各種制約があるということ。記事中にもありますが、アメリカの医療業界の「超高額体質」は想像と常識をはるかに超えていて、どこかで崩壊するような気がします。
オバマケアにも問題が多いですが、それ以前の状態に比べれば一歩前進しています。ここまで妥協しなければ議会を通らなかったから妥協したという政治の産物です。

記事にあるように、根本的な問題は医療費そのものがバカ高いことではありますが、だからこそリスクの多い新薬や医療技術開発にお金が集まるということもあり、これら産業の利権をもつ共和党支持者の欲得ばかりでもありません。

バランスはなかなか難しいです。
米国よりは遥かに素晴らしい日本の国民皆保険ですが、制度を維持するために、
①もう少し自己負担割合を上げる。
②年間300万円を超える高額な医療は、国民皆保険から外して、民間保険でカバーしてもらう。
という手段をとるべきと思います。