新着Pick
721Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
率直に言って、要らない病院が多すぎる。
これは、あまり大きな声で言えない真実なのでしょう。

市場原理が通用しないために、本来つぶれるべき病院が生き残っていると感じることは、日々の仕事の中で痛感することがあります。
最近医療ビジネスに絡んでいますがもう非効率の山です。呆れるレベルです。
日本は先進各国の中で医師数が少なく、病床数が多い。つまり限りある医療資源が小規模なフルスペック総合病院に分散配置されているため生産性が上がらない。かつ、病床数と医療費は相関関係にあり、医療需要は基本的に病床数に応じて不必要に増大していく。

となると、全国の病床数を半分にカットしてしまうのが最もシンプルで効果的な解決策になりそう。医師はそもそも人数は適正なので職にあぶれるどころか集約され職場環境は改善し症例経験も増え、結果として医療の質は向上。医療費も効率化できる。

素朴な疑問として、病院数が半分になったとして「損をする」のは誰なんでしょうか。
そうは言いますが、世界で見ると多分だいぶ良くできてる方です。
先日中国と日本のヘルスケア事情を調べてましたが、日本に比べるとやはりかなり差があり、日本の方が数倍のレベルで環境が整ってました。
消費者の実感としても日本の医療状況はかなり優れています。

当然、改善の余地はまだまだありますが(特にIT化とかここで言っている競争や市場原理の導入とか)、なんでもかんでも批判するのではなく、何と比べるのかなどを明確にした方がいいですね。
病床数も、医療行為も、医療提供体制も、地方によってバラバラです。国民皆保険を継続するのであれば、問題にすべきことだと思います。
政府もただ指をくわえて見ている訳ではないんだけど、国民の意識の問題も相当あるんだよね。胃瘻みたいな延命治療がまさにそれに当たる。だいたい人生にかかる医療費の大半は死ぬ前の半年間に使われる。じゃ胃瘻みたいな延命治療は自己負担で、なんて言い出すと「貧乏人は早く死ねと言うのか」みたいな差別論になっちゃう。そこはハッキリ政府予算は子供と育児に使うと言えたらいいのだが、それじゃシルバーデモクラシーの元では当選出来ない
やはり医療保険制度の改革は急務か。通常治療を一律3割負担にして高額治療について一定金額以上を1割負担にするとか、AIによる事前トリアージュを導入し効率化を促すとか。医師会は嫌がっているらしいが、医者の数を増やすために医学部ももっと増設したらいい。もっとも賢い人たちが関わっているのに改革できない状況はまさに組織の弊害。
もちろん本記事やコメント欄のように課題は山積みです。とは言え、地方の田舎で急病になっても近くの総合病院に行けばまっとうな治療が受けられる、なんて国は相当恵まれているとは思いますけどね。アジアの地方都市から少し外れた観光地で急病に陥った場合、日本のようにスムーズに治療に移行できる可能性は低いでしょう。

こちらの先生ですね。いつも沢山のデータを検証されていて素晴らしいのですが、それ故意図的かどうか分かりませんが理論のすり替え現象がたまに起こっている印象もあります。

https://newspicks.com/news/2103240/
https://newspicks.com/news/1673372/
https://newspicks.com/news/568518/
「みえる化」は、重要ですね。
どういう問題があるのかが人々に見えないと、議論が盛り上がりませんから。
今後も、さまざまな「見える化」を期待しています。
医療機器の技術は世界一でも、医療サービスは後進国 厚労省な何してるんだろうか。