新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

239Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の電子マネー決済額は150兆円を超え米国の何十倍も大きいですが、インドもそうなります。
「政府が流通現金の86%を廃止した」とは昨年の高額紙幣の使用禁止令の事、政府は完全キャッシュレスを目指すと言っています。
アリペイのアントフィナンシャルは近々上場して企業価値6兆円と目されていますがそうなれば日本のメガバンクより大きい。インド版アリペイのPayTMに孫さんが目を付けないわけはなく当然「関係筋によれば、日本の ソフトバンク ・グループから15億ドル(約1670億円)以上の出資を受ける見通し」となっています。

リープフロッグ(段階飛ばしの蛙飛び)と良く現地では言いますが、フィンテック先進国はマネーの実質的な電子化が元々進んでいる米国でも日本でもなく、クレジットカードもATMもすっ飛ばしてスマホで代替する中国でありインドがそれに続きます。
日本が異常な現金社会なんですよね。そしてそれを前提とした銀行の駅前豪華店舗と豪華・多機能なATM。これがフィンテックの普及を逆に阻害しているのです。恐らく金融のイノベーションは東南アジアかアフリカから起きる。
日本は日本はと良く意見が出ますが、遅れている一番の理由は前世代までの技術が良すぎて一般の消費者が十分満足してるからです。
必要に迫られていないので政府も企業もなかなかテック分野に危機感が出ないと言うのが本当のところ。
日本もキャッシュレスを目指すほうが何かと合理的だと思うところ。タンス預金もなくなるし、現金管理コストもなくなりますし、脱税もできなくなりますしね。マイナンバーやった今、次はキャッシュレスかと。
昨年の11月に急遽発表された高額紙幣の廃止。当初は混乱を伝える報道が目立ちましたが、半年たった今はポジティブなニュースの方が目立ちます。私が日本で最も願う事の1つは現金の廃止。インドの事例に学ぶべき事は多いように思います。
ーー
「高額紙幣は無効」インド首相が突然発表 混乱広がる
https://newspicks.com/news/1881647
勤先(佐賀)にコンビニが入っています。今日も釣銭を出さないように小銭と格闘するおばちゃんの後ろで長〜く待っていました。
世界中から追い抜かれようと、老人層がいなくならない限り、日本の地方から現金が消える気がしません。
フィンテックは中国とインドがリーダーだろうね。シリコンバレーとアジアの関係が逆転してきてる。
まあ日本では逆立ちしても無理だね。
新しい技術は、以前の技術が普及していないところで急速に普及するという原則があります。

それを考えると、インドやモバイル決済市場として大きな存在になるでしょう。
各社が力を入れるだけの人口を抱えていますから。
銀行システムが信頼性に欠ける、IT技術が進んでいる、という国で、モバイル決済が発展するのは自然の事ですね。インドの銀行システムが信頼性に欠けるか否かは知りませんが(笑)。