新着Pick
400Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日驚いたのは、中国人が日本に来ても決済がほぼアリペイですむので、両替もほとんどしなくてよいとのこと。日本においてさえ中国人のほうが先に進んでる感じがします
屋台やお寺のお賽銭にまでとは。想像以上でした。
WeChatPay 凄い。
もう財布もクレジットカードも持ち歩いてない。
友達への送金もwechat payで超便利, 日本はまだ口座振り込みの時代......、実際alipay よりwechat payの方が使われてる。日本の若者は達は一回は中国に来るべき、そうすれば自分が如何に井の中の蛙だったか分かるし、じゃないと時代にとり残されるよ〜
中国では現金で支払うと、偽札探知機みたいなのに通すことがよくあります。電子的に決済が進むことで、こうした偽札問題も避けられるように思います。

中国に行くたびに、キャッシュレスは驚く、凄い、というよりも、あまりに普通になっている状況であることを再認識します。電子決済は中国の口座が必要だったり、クレジットカードも外国発行だと使えないことが多いので、日本のクレジットカードに付帯されているユニオンペイのカードをとりあえず作りました。が、それでも、WeChatペイやアリペイしか使えない場合も良くあります。

一度、中国に行って、実際に様子を見に行くことをオススメします。幸い、中国は日本から近いので、土日だけでもある程度は観察できます。
日本人は、日本が遅れているとか進んでいるとか、そういう議論が好きですね。

中国のキャッシュレス社会が進んでいるのは、この国の社会的な背景があるからです。

①タクシーであれ小売店であれ、お金の授受が雑で、「お金を投げてよこす、くしゃくしゃの金を渡す、じろじろ見ながら偽札でないか確認する、お釣りをごまかす」等々、不愉快なめに会うことが多いので、現在のキャッシュレスはそのストレスがなくなるので、みんな飛びついた。
②中国ではそれと並行して、スマホなどITサービス技術の革新が進み、それが当局のややこしい規制のない状態で、すぐ実社会に適用できる。

の2つの背景があるからだと僕は思います。

一方で日本は、お金が清潔で丁寧に扱われ、小売店などでは「お金を授受するときの挨拶がお客様との重要な接点になる」という社会特性がありますね。

だから、中国はITサービスビジネスは進んでいるが小売などのサービスビジネスは遅れている、日本はその逆だというだけのこと。
日本と中国を単純に比較することは、意味がありません。
日本は現金信用されすぎなんだよ
物乞いのキャッシュレスってすごい!
確かに人民元は綺麗とは言いがたく、中国人の友人でさえ、お財布に入れずビニール袋や封筒に入れて持ち歩く人多し。一元コインは重たくてかさばるし、札は偽札も多いので自然の成り行き。
インドも追随していますね。キャッシュレスが全て良いとは思いませんが、マジョリティが利用するようになると追い付けなくなるので日本も色々な分野で改革が必要ですね。
中国は蓋を開けたら物凄い発展してたっていう展開もありそう
屋台までキャッシュレスとは驚き。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角文字なので半分の140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.31 兆円

業績