新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

237Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
どこの社会でも基本は同じだなと感じました。特に日本では、職場の一つの単位でその組織の長から目が届く範囲でOJTがあり、様々な違う種類の仕事を任せたり夜の宴席をこなすことを含めて視野を拡げさせ、顧客のニーズに幅広く応えていく。

若くしてVBの世界に飛び出すのがカッコいいと感じるのは僕も同じですが、どこかの会社や組織でそういう地道な訓練を受けることも、(その時はつまらないと感じるでしょうが)後で振り返ると無駄なことではなかったと思うものです。若い人には、是非目の前の仕事に真摯に(かつ楽しく)取り組んでいくことをお勧めします。
本日も頷くことばかりな内容。CDIではプロフェッショナルファームの構成要素は「とる、やる、つくる」である、という言葉が根付いていますが、人と仕事をとる、プロジェクトをやる、人を作る、というのがまさに本質です。
とる、という意味では記事にあるファーストコールの競争で専門外の相談もされるくらい信頼されることが重要というのはコンサルタントでも同じ。特に分野ごとにプロフェッショナルが細分化・モジュール化されている欧米と比べれば日本は分化しない擦り合わせ型であると言っていた人がいますがそう思います。
人材育成については、一年ほど前の社内の全社研修で自分もしゃべりましたが、基本はOJTで先輩の背中を見て、また逃げ場のない修羅場体験を経て育つもの。ただ、単に見て育て、というのも乱暴なのでなるべく知識を有形化、伝承できる場は作って行くべきと思ってはいますが。18歳の有能な弁護士はいないとのことてすが、18歳のスーパーコンサルタントはいない、と言い換えても同じ。自分はコンサルタントは企業の医者だとすれば、自分が病気になった時を想像して、「圧倒的に優秀な成績を納めた研修医上がりの若手」ではなく、「臨床経験豊富な医者」に見て欲しい思うのと一緒、と話したりしています。
とても学びの多い、また勇気を貰う対談でした。ありがとうございました
「芸者置屋」であるためには、ワンフロアで顔・仕事が見えることが大切というのは、私が所属するファームでも同じなので大変実感があります。

どんな芸者になるかの型は先輩が背中で見せるものというのもその通りなのですが、ひとりひとり違う以上全く同じ芸風というのは最終的にはあり得ないので、先輩の型を見ながら最後は自分で探していくしかないものです。周りの人や組織ができることは、型探しの手を差し伸べるところまでだと思っています。

仕組み化はきわめて難しいので、しいてできることと言えば「芸風は自分で見つけてね」というスタンスであるべきということを早めに刷り込むことくらいかなと思っています。
非常に共感する内容でした。プロのシステムエンジニアを育てるには、という話しに置き換えてもそのまま使える極めて汎用性の高いヒントが紹介されています。
プロの道とは、進んだ跡を振り返って出来ている一本のくねくねした1人しか通れないケモノ道ですなぁ。
「手っ取り早くうまいことやろうとする人は、置屋の看板や資格や経歴の箔づけばかり気にする。結果的にいつまでたっても組織に依存して自分の名前で仕事ができない。これは実に皮肉な成り行きです。」

私の働くコンサルティング業界にも同じことが言えます。

その昔、外資の大手コンサルティングファームにいましたが、会社のブランドを笠に着て仕事をする者ほどできないコンサルタントでしたね。そんなコンサルほど出世やタイトルを気にしてインサイドワークに勤しむ。そしてどんどん顧客ニーズから離れ得ていく。

要はBy Nameでお仕事を取れないコンサルタントはプロフェッショナルとは言えないと思います。
下記は自分のポリシーに近く、すごく共感した。
自分は、「人に何か頼まれたらどんなことでも、なんとかならないか30分真剣に考えてみる」ということをルールにしている

いろいろ考えてみると、どんなことでも誰か紹介したりとか、知識・経験を伝えたりとかできる物だと思っていて、そう言ったことが、信頼に繋がると信じている。

"佐藤 僕のところにも「医者を紹介してくれ」と電話が来ますが、そういう要求にもできる限り応えるようにしています。特殊な病気でも、その分野での名医と言われる人を探して、自分のネットワークを使ってそのお医者さんに辿りつけないかやってみます。
最終的には、病院に行って僕の名前をだせば、病院の担当者が僕の関係者であることを理解して対応してくれる、その分野の一番の専門家が出てくる。そういうところまで話をつけておけば、相手もすごく喜ぶと思いませんか。
お金にはなりませんが、お金にしようなんて思う必要もありません。お金になろうがなるまいが、そういう人の悩みに真剣に向きあい、つきあって、ずっとつながっていると、そのうち仕事の話もくるものです。僕は、お客さんとのつきあいはこういうものだと思っています。"
記事を読んで感じた3つの点。

1つ目は、「戦時に身を置き鍛える」のが自立と成長を促すのなら、今の起業の流れは大局的には良いのかな。三年やれば筋肉質な人材になることは自らで実証済み。

2つ目は、1日2-3件現場で試合してそれを10年続ける。私にとって、ビジネススクールの時に教わった「1万時間」という経験値は1つの指標になっています。

3つ目は、私は独立して四年目ですが、シェアードサービスがあったら良いなと常々感じます。お互いプロの仕事を依頼し合う関係性が築けるのなら、ファームみたいな組織に属したほうが、事業の生産性上がりそうですね。
ファーストコールが、組織ではなく、特定の個人にくる状態がプロフェッショナルの基準という言葉は強く共感します。

▼個人にファーストコールがくるためのポイント
わかりやすい方法論に乗っかるのではなく、徹底的に目の前のクライアントが抱える課題と向き合うこと。
とてもいい話。骨太の本質論。
最初の部分はレイヴ&ウェンガーの「正統的周辺参加」に近いと感じました。

http://amzn.asia/aJeWHP7
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。