新着Pick
374Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
わかってはいたけどついにこの日が。それでもヤフーの株価は高値圏にあります。投資家は支持しています。ガンガン攻めましょう
(と言いつつ明日ストップ安になったりして。。)
それにしてもこれだけの巨大企業の決算が早いことがすごい。
減益が今年度の特殊要因かどうかは、もう少し詳しい資料がないとわからないです。
いずれにしても、来期に増益基調に戻せるかどうかが重要だと思う。

ちなみに利益「率」の低下は、サービス拡大とスマホでの競争激化を考えると当然だと思う。問題は、利益「額」の増加トレンドを来期維持できるかどうかということです。
勝負
まだ30%も売上が伸びるのが凄いな。
ヤフーが初の減益決算になりました。「アスクルの物流倉庫火災による130億円の損失も響いた」とのこと。

決算報告書など
https://about.yahoo.co.jp/ir/jp/archives/gaikyo/
何事にも終わりがあります。
今回のように、特殊要因による場合は、「特殊要因を除けば・・・」という事で、まだ続いていると考える事も出来ます。
いずれにしても、凄い成長力ですね。
減益と言っても今までが良かっただけという見方もできますし、今回の決算結果でも優秀なネットレベニューだと感じます。
アスクルの火災は痛かったね
減益は大した話ではありません。売上高が30.9%増の8537億円というところに改めて驚きます。日本は世界でも特異な情報環境にあります。その象徴が一強ヤフーの存在です。急激なモバイルシフトにも見事に対応したと思います。
ただ、メディアのエコシステム全体を考える時、パブリッシャー側が売上を激減させ、その分がプラットフォームやキュレーションの側に偏在するのは健全なことではありません。パブリッシャー側の体力が落ち(あるいは死ぬ)とどうなるか、フェイクニュースが闊歩する現状をみても明らかです。ヤフーには、そうした現状への責任もあります。利益率より社会貢献をより強く求められる存在になったことを自覚し、よりよいエコシステムの実現に尽力してほしいと思います。
嗚呼。これ以上、パブリッシャーを叩くのはやめてほしい(笑)
アスクル株式会社(英語: ASKUL Corporation)は、東京都江東区に本社を置く事務用品を中心とするソフトバンクグループ系列の通信販売会社。 ウィキペディア
時価総額
1,541 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.09 兆円

業績