新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
代理店に入って、先輩に初めて渡されたのが、このペンとA4の白紙。

思いついたことをとにかく書いて、みんなが囲む机上に出して「場を制しろ」と教わった。

それが癖になって、代理店を辞めた今も、たいてい考える時には、右手にこのペンを握ってる。
コピーライター時代、キャッチフレーズを書くときはこれでないとダメで、手元にいつも3本はキープしていました。大学で教えるようになってからは、答案添削に赤を。キャップをとって書き出すと、スイッチが入る魔法のペン。無骨なスタイルから出てくる書き心地は滑らかで、自分が凄いヒトになったような錯覚を与えてくれるんだな。

最近使ってないなー。また買ってみよう。色付きはカワイイですね。ジョンソン大統領もびっくりするかも。
ボールペンは色んなものを使い回しますが、サインペンは確かにこれだけ。

大切な文を書くときも、筆と墨でなければぺんてるの筆ペンにお世話になっています。

自然と愛着のようなものが沸いていましたが、愛されるものにはちゃんとした理由があるのですね!
確かに企画書書くときはこのペンを握っている。。。
ぺんてる株式会社は、東京都中央区日本橋小網町に本社を置く、大手文具メーカー。創立は1946年。旧称は大日本文具株式会社。現社名の由来はpenと伝達の意味を表すtellを合成した造語(ペンで伝える、といった意味)で、1971年に社名変更。しかし、元来の意味はペインティングとパステルの造語であり、同社が送り出した新開発パステルの商標であった。 ウィキペディア