新着Pick
690Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさにここが一番ホットな分野。私がアドバイザーを務めるマンガトリガーはマンガのセレクトショップという打ち出しで過去の名作をまずは掘り起こしマンガをあまり読んでいなかった層に向けてレコメンドしています。マンガHONZ/マンガ新聞との連携も強みです。膨大なレビュー資産がありますからね。
中学生からずっと月曜に購読していたビックコミックスピリッツを、ここ一年くらいでようやく電子化させました。それまでは、水曜過ぎるとキオスクから消え、買い忘れたときは本屋に買いに行く、一週間過ぎるとてに入らない、という間抜けな行動をしてましたが、デジタルならいつでも買えるんでね?となったのがようやく最近 笑
小学館ですね。
スマホで読むので見にくいのはありますが、読み逃しはなくなりましたが、デメリットは2つ。つまらない方から言うと、読んだあとに家にぽいっ、としてるのを奥さんが読んでいたのが読みづらくなったこと。
もう一つは「いつでも買える」ことで後回しになり、読んでない在庫がたまってきたこと。「モノがある」というのは行動を促すんだなあ、と日々実感してます
デジタルマンガは、とても有望な市場だと思います。

何と言っても漫画は小説等に比べて圧倒的に場所をとってしまいます。
(ページ数が多くなるため)
泣く泣く手放したコミック数知れず…。

昔の漫画もデジタル化していただければ、とても嬉しいです!
ジャンプとマガジンをそれぞれiPadで読んでいますが、現状ジャンプ+とマガジンPocketには大きなUXの差があり、集英社>講談社という所感。デジタル専用追加コンテンツも集英社>講談社。
UX差分でいくと
・一括DLの有無(ジャンプ+は一冊DLできるため、WiFi下でDLして外で読める)
・空白ページの扱い(ジャンプ+はきちんとロゴで埋めて空白ページを明示化)
・漫画の遷移のしやすさ
・メニュー画面のわかりやすさ
が全然違います。講談社はもう少し努力が必要ですね。
音楽、映像に遅れてようやくデジタルに踏み込むマンガ。確実に大きくなります。紙のマンガの焼き直しだけでなく、スマホ向けの新表現が登場するでしょう。
この分野、韓国が先行していて、NAVERを中心に表現様式や新人作家が生まれてきています。この点は日本は後発。世界市場を見据えて攻勢をかけてほしい。
電子コミック市場は堅調で、出版業界の中で唯一期待できる分野。一度電子化してしまえばコストはほぼゼロなので、キャンペーンがうちやすいのもメリットです。
LINEマンガは無料連載もありますが、うまく有料コンテンツの販売に流せているようですね。

「紙本に対して既刊の強さが特徴的」という部分は初耳。定額読み放題サービスと対立しそうです。定額サービスは既刊本でユーザーを集め、新刊本で売上を立てることが多いと思いますが、そうなると定額サービスは出版社としてはメリットが薄いことになりそう。
いま日本にいないこともあり、相当お世話になってます
特に過去の名作群については、泣く泣く処分したものをまた懐かしがって一気読みしたりして。紙との違いは、普通の本ほど気にならない。なんでだろう。スワイプ感が漫画を読むスピードと親和性があるのでしょう。

が。遺産で儲けてるイメージはありますね。デジタル書き下ろしでマネタイズできると、なおいいのかしら。スナチャの漫画版ができるとどうなるか、みたいな。

おまけ。
3月でサービスが終わってしまいましたがROLA(新潮社)というデジタルマガジンで連載されていた「彼女のいる彼氏」という漫画はよかった。内容もとてつもなく素晴らしかったのですが、縦ロールというUXが新鮮でした。
デジタル化が進むと、このサービスのような新たな顧客導線も活発化しそうですね→マンガル―:Webサイト/ブログ/SNSで有名マンガのコマを埋め込むことができるWebサービス http://mangaloo.jp/
取締役を務めている「まんが王国」ではこうした掘り起こし作品を見つけるプロですw この領域はボラティリティが低いソーシャルゲームのようなポジションですね。あと、スマホによってまんがの買われ方が劇的に変化している。今までは作品タイトル欲求買い。今は作品内容欲求買いが強い。
記事後半にある「デジタル描き下ろし」が今後のテーマですね。現状は焼畑的コスト構造になっています。
株式会社集英社(しゅうえいしゃ)は、日本の総合出版社。『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している。社名は「英知が集う」の意味。 ウィキペディア
株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。 ウィキペディア
株式会社小学館(しょうがくかん)は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在である。 ウィキペディア