新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

227Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜタイトルを「MITが教える」とするのだろう。「クスマノ教授が教える」が内容からしても正しい。実際にクスマノ教授は日本についての深い知見を持つ人物です。やたらとこういう「舶来モノの組織ブランド」を前面に出す。「グーグルが教える」とか「アップルが教える」とかも同じ。個の時代とか言う一方で、組織をブランドとして持ち出す。NewsPicksのタイトルのつけ方はわりと嫌いです。下品。
理科大副学長でもあるクスマノ先生の記事、発明力はあるのに、起業力が弱いのが日本の特徴。特に、理工系の人材に経営などの知識が乏しい。そこで、我々のイノベーション研究科が、そこを強化していく、カリキュラム。
いわば、理科大MOTで、MITのイノベーション研究を学べる。
新事業開発論を担当し、来年はベンチャー論も。
<追記>
たまに英語がでるが、日本語が上手なので助かっている。
ケバケバした明るさはないが、ユーモアもあり、温和で誠実。
いま、非常勤だが来年からは、モルスタのエコノミストのフェルドマンさんもくる。いろいろなケミストリーがあり面白い。
最初、クスマノは熊野洲とか、楠野とか日本人かと思った。
<追追記>
詳しいことは不明ですが、ずっと、まだいらっしゃるような感じです。
部屋もあるし。来年、さらに、理科大のMOTが進化するので、そのアドバイスをされます。
以前、未踏のスーパークリエーターの方々の前でお話しする機会をいただいたことがありますが、事前に質問事項を募ったところ、「どうすればプロ経営者を採用できるか」、「どうすればCFOを採用できるか」といった、ビジネス系人材の採用に関する質問を多く受けました。その際にお話ししたのは、日本に「プロ経営者」という人はほとんどいないし、いたとしても資金調達前のドベンチャーに入ってくるようなモノ好きはまずいないということ。それよりも、未踏に採択されるような極めて先進的で尖った研究に取り組むことのできる知性を持った技術者の方々であれば、経営知識の習得や実践など、造作もないはずであるということです。
優秀な人材を積極的に求めることは無論重要ですが、初期段階ではないものねだりです。苦手意識を変に持たず、もっと自信を持てばいいのにと感じます。この点で、理系学生が大学在学中に片手間で経営について学ぶことは意味があると思います。そうしないと、いつまで経っても技術者の起業家は、ビジネス系の人間にいいようにやられてしまいかねません。たまに資本の仕組みなどに対する知識が欠けていたがために、明らかに「やられてしまった」会社を見るにつけ、忸怩たる思いになります。
理系、文系と分けて細分化された一片を深掘りするのが学問の世界ですが、実社会で必要な知識はIT、ファイナンス、語学、ロジスティックス、社会学、国際貿易、経営理論など幅広い。大学の改革には産業界との緊密な交流が重要であり、企業サイドとしても専門講座を開設するなど出来ることが沢山あります。
イノベーションが起きる環境は、社会人になる前から自然とそこにある。言われてみればそうだが、米国の大学では、多様な学部生が混じって授業を受け、刺激を受けあっている。
いつも思いますが、そのコミュニティを上手く分析するのはそのコミュニティに属する人ではない。日本のイノベーション環境を分析するのは日本人よりも外国人のほうが上手い。

思い入れが少なく先入観なく客観的に見れ、他国をよく知っているので正しく比較が出来るからだと思います。
「イノベーション経営や起業、経済、金融を学ぶ学生が、それぞれ別の専攻や別の学校の授業を受けられるよう岩盤規制を改革せねばなりません。」とのこと。
発想は、その通りですね。
ただ、大学では専門を学び、起業したかったら「ビジネススクール」で経済や金融を学ぶという事で良いと思います。
ビジネススクール、期待しています。
クスマノ教授の「日本にはまだ可能性がある」という言葉を信じるなら、まず社会というか企業が変わらなければいけない。スタートアップを支援し、前向きな失敗を受け入れる土壌を作らなければいけない。新卒採用一辺倒ではなく、通年採用や第二新卒の採用を積極的に進めていかなければいけない。一度や二度の失敗を、社会がむしろ好ましく思えるようになって初めて、若者は荒野を目指すのではないか。ただ、そうした機運を熟成するだけの時間が、日本に残されているのかどうか、それが問題だ。
ここはさすがにいまの30代の親ぐらいからは変わってくるような気がします。

私は子供が(幸運にも)優秀であれば、新卒で入社するのは急成長しているスタートアップを勧めると思います。

>日本の親たちは、まず子どもたちに、大企業や政府で、安定した職を得てもらいたいと思っています。
経営に詳しい理系が増えるのはいいと思うけど、論文より共同研究に重き多く応用的な大学や研究機関が増えてもいいかも。個人的には企業に属してるけど、大学に出勤してる、みたいなのやりたい
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート

業績