新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

823Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
少々議論が先鋭すぎてついて行けない点もあります(職業柄、先鋭化しないと仕方ないのでしょうね)が、ウェブ上のコミュニケーションのスタイルについては、長期保存型から短期消費型、オープンからクローズド、言語コミュニケーションから非言語コミュニケーションに、年月をかけて移行しているように感じます。このことの是非に対する判断は保留しますが、これが「主体の抹消」だと言われれば、まぁそうなのかもしれません。

東氏の「愛は真実を超える」という指摘は本当にその通りですね。宮台氏がSEALDs奥田氏に「政策を言うな」とアドバイスしたという話にも通じる話ですが、政治家の方にとって必須の条件の一つは、如何に具体性がなく解像度の粗い議論をスマートなインターフェイスでこなせるかどうかであると私は思います。乱暴に言えば、「村上春樹的なコミュニケーション」でしょうか。中身は空洞であり、具体的な論理よりも感情や雰囲気で押し切るということです(この点で大前研一さんは真逆だったのでしょう)。組織を維持するにあたり、仮想敵を掲げるというのは非常に初歩的な手法ですが、これもまた愛の裏返しなのでしょうね。
世の中で最も続いている組織が宗教であることを考えると、愛に対してどう抗するかというのは、かなり重い課題なのでしょう。おそらくその解は、宗教であれ政治であれ、愛を圧倒するような現世利益にあると私は思います。
LINEスタンプが人の主体性を奪った。ソーシャルの結果として、大衆迎合主義が進んでいる、と話されています。
 私はむしろ、ソーシャルが奪ったのはエリート主義であったように思います。
 知識人とメディアが作り上げた言説が唯一のものではなくなって力を失い、相対的に大衆が力をもった。だからといって、エリート主義には戻れないし、ソーシャルや資本主義のことを批判しても意味がないように思います。
 その意味では、辺境を作り続けようとする東浩紀さんのスタンスに共感します。
語られていることは高尚なのかもしれませんが、「馬鹿」「クソ」「クズ」などの言葉の応酬の先に何を見い出したいのかは、あまり理解できませんでした。
日本屈指の知性2人による対談。1万字ほどありますが、思考を刺激する言葉が散りばめられています。

今の時代を語るためには、ウェブ、ソーシャルを抜きにはできず、今の時代を捉えるためには、個別論を越えた、思想的な視座が必要です。今後は、ビジネスパーソンも、哲学や思想的な素養が不可欠になるはずです。
興味深い対談でした。
SNSのコミュニケーションによって、「熟慮」と「自省」が希薄化して来ているのは、近年の流れとして感じるところです。

冷静に考えてみる際、仮にSNSによって熟慮と自省が希薄化し、その延長でリアルな恋愛や深い省察が失われて来ているとしても、それ自体を“良くないこと”と鼻から断じてしまうのはまずいかなと思います。

これまでわれわれはテクノロジーの進展や社会制度の変遷によって、コミュニティーの中での関係性やコミュニケーションのあり方は大きく変わって来ました。
例えば、私が大学生になるまでは、SNSやパソコンはおろか、ビデオや深夜テレビすらなく、“夜”と言えばまさに“熟慮し自省する(妄想を巡らすとも言える)時間でした。またその対象も恋愛や死や人生の意義といった“大層な”ものが中心でした。

果たして、この頃の自分と最近の若い人達とを比べて、かつての自分の心は豊かで、今の若者の心は貧しいのかというと、もちろんそうとは言い切れないと感じています。

その頃のそういう状態は「中ニ病」と言われるそうですが、「熟慮し自省していた」と言ってもその程度のことであるし、そうした経験を経たその後の大人達が文化的に厚く、心豊かな人々で満ちた社会を作ったかと問われれば、全然違うと言わざるを得ないわけです。

他にすることがなく、他に交われる他者もなかった状態で、熱い恋愛や中ニ病的な自省に没入するのも、若い頃の“幸せで自然な姿”だったと思いますが、SNSで多くの人と広く軽く繋がり、マイペースで興味を次々に追っていく生活のスタイルも、現代の状況に合った行き方として分かる気もします。
何より、熟慮と自省と、リアルな恋愛すら無くても、現在の若い人達は、私が若い頃の若者より不幸には見えないし、彼ら自身もそうは感じていないように見えます。

SNSによって熟慮と自省が無くなって、リアルな恋愛をはじめとする豊かな心と情感が希薄化して来ているという憂慮は、コンクリートと車の洪水の都会よりも、ドジョウもトンボもいる代わりにネオン街も美術館も無い田舎の方が豊かだと断ずるのに似ている気もします。
大変失礼ながら宮台さんや東さんがこのタイミングで登場するのは「今さら感」があると感じてしまいましたが、ご自身の専門領域を超えて社会全体を語ろうとする人が少なくなっているということなんでしょうね。これまでお二人が語ってきたことの繰り返し的なところはあるものの(ローティのところ。まっ、この議論はとても重要だとは思うのでよいのですが)、内容自体はなかなか興味深いものではありました。こういった文章がNewsPicksのなかでもう少し増えるといいな、と思います(宮台さんっぽく言うとNPはネタがベタになりやすい言論空間のように思うので)。

「「主体の抹消」がコミュニケーションの基本になってしまった。つまり、逆に主体が露出していると、どんな形であろうと、もう叩かれてしまうのです。」(宮台)

「結局成功するのは、意識が低い消費者に照準を当てた「バカと暇人」のためのサービスだよね、というのが明らかになってきた時代なのかなと思います。」(東)
「我々に意識がない」という指摘には概ね同意するものの、同じことは、例えば、元GoogleのデザイナーのTristan Harrisが、もっとシンプルにかつインパクトのある説明をしているわけです。そして、新しい文化、デザイン、ビジネスモデルを作る具体的な活動を始めている。

"How Technology is Hijacking Your Mind" May 19, 2016
https://journal.thriveglobal.com/how-technology-hijacks-peoples-minds-from-a-magician-and-google-s-design-ethicist-56d62ef5edf3

また、中国では、西側のような巧妙な洗脳の仕組みがない分、SFの大ブームが起きていて、現実社会でやると大変だから、SFという装置を借りて、あるべき社会の姿について、大衆が思いを巡らしています。

と、考えると鋭い指摘であると思うものの、あまり共感できないところが残ります。
「大衆」と「知識人」という構図が崩れる事がテクノロジーの進化の方向性。
立派な大学に通わなくても知識が得られるような社会づくり。
読むと気が重くなるが、身も蓋もない真実だなとも感じた。
僕の中で言葉にならなかったモヤモヤがズバリ言語化されて気持ちよかったフレーズを以下にメモ。

"ポスト真実の時代というのは、愛の時代なんですね。ただし、それは人々が友愛に包まれる時代ではなくて、憎しみあう時代でもあった。愛と憎悪は同じ感情の表裏です。"

"敵の似姿にならない」ということがやっぱり大事だと思います。"
感情で人は動いてしまうから、論理が大事。ホントその通りだと思う。そして論理には知識の裏打ちが大事なんだけど、いまの世の中は複雑になりすぎてて、知識が圧倒的に足りないなと思う。
といいつつ、マーケターとしてはだからこそ感情を動かしてブランド戦略を立て、ブランドに対して究極の感情である愛を持ってもらうために頑張るんですけどね。
この連載について
ウェブやソーシャルが社会に浸透するにつれ、その影響力があらゆる分野で拡大している。モバイルシフト、SNSの浸透が一服した今、デジタル領域で次の大きなテーマとなるのは何か。ウェブ社会をより有意義なものにするため、ウェブビジネスをさらに進化させるために何が必要か。ビジネス、テクノロジー、メディア、思想、政治などあらゆる視点から、これからの社会やビジネスを考察する。