新着Pick

ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動と報道、大統領府はコメント拒否

Reuters
[モスクワ 21日 ロイター] - ロシアのペスコフ大統領報道官は21日、同国軍が北朝鮮との国境に向けて装備や部隊を移動させているとの一部報道について、コメントを拒否した。
162Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロシア軍も警戒措置を取っていることは間違いないでしょう。
空軍は4月初めから厳戒態勢にあることを上院の国防安全保障委員会委員長が明らかにしています。
地上部隊が動いているとすれば、17kmの国境から難民が流入する場合の対処でしょうね。

追記
ロシア軍が警戒措置を取っていることと万景峰号のウラジオ航路就航が矛盾するとのコメントがありましたが、両者は両立し得るものです。
ロシアにとって北朝鮮の戦略的価値はウクライナやシリアよりもずっと低く、しかも中国の存在を考えれば直接介入できる場所ではありません。
過去の朝鮮半島危機におけるロシアの振る舞いを見ても、自国の防衛+対米牽制くらいが精々です。
今回の場合で言えば、自国国境を固めつつ、北朝鮮との友好関係をアピールしたり、アラスカ沖に爆撃機を飛ばしたりといったパフォーマンスを行っているというところだと思われます。

それともう一点。極東ロシア軍には北朝鮮に介入するほどの戦力がありません。
極東の地上兵力は陸軍と海軍歩兵部隊まで一切合切で8万人です。ロシア軍が本気で介入を考えるならば大規模な増援の到着や予備役動員といった動きがある筈ですが、そうした兆候も見られません。
何???
米国と中国とロシアの軍隊が北朝鮮周辺に集結しているのか。
3軍が協力すれば良いが、反目したりすると、非常に面倒な事になりかねない。
そうならないように、祈るしか無いが・・・。
シリア攻撃に対抗する嫌がらせ程度にみえますが、万景峰号の定期航路化など、新しい秩序の土台作りにもみえます、
米軍の攻撃に対するプレッシャー? ロシア軍が控えていれば北朝鮮を攻撃しにくい(はず)。