新着Pick
339Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
西濃ホールディングスさんが、以前から行なっていた宅配事業が、こういう形になって実現したんですね!

お届けに人を割くのは、やっぱり大変ですから、店舗にとって大きな負担。
でも、宅配をしないと、日販が減るだけでなく、生き残りにも関わります。
だから、これは必要とされたんだと思います!
Amazonとヤマトの件が話題になっていますが、安価で請け負う物流会社は(中小を含めて)たくさんあります。

安価で請け負う側が気の毒なような気もしますが、それはそれで採算を考えて受けるかどうかの経営判断でしょう。

ということで、Amazonと対立したヤマトは他社に「漁夫の利」を持っていかれたということ。
大企業と中小企業の労働環境格差を考えさせられる一件です。
アマゾンの記事だと見出しに必ず「ヤマト」と書くのに、セブンイレブンの記事では何故「西濃」または「セイノー」と書かないのでしょうか?
なるほど。既存のドライバーさんとは別の、近所の主婦などに配達してもらうのですね。
それなら、物流会社の労働力不足が深刻化する心配も無いので、良いアイデアですね。
P.S.
ところで、どうしてセブンーイレブンが自分で主婦を雇わないのだろう?物流会社の既存のノウハウが活かせるわけでもないようだが・・・
宅配は接客のタイミングが、①注文時②配達時の2つしかありません。そして面白いのが、②配達時では、人によってリピート率に差が出ます。
今回あえて②を委託するのは、人手不足もそうですし、ニーズの方が大きく問題ないというジャッジですかね。
地域によってはセブンミールで頼んだらヤマトのSDさんが運んできたとか聞いたので、既に一部委託されてましたけどね(現在もヤマトが運ぶことがあるかは不明)。
お届けサービスは今までセブンのお店スタッフがしていた。
お店はフランチャイジーで、人手不足でもある。
そこで、お届けサービス専用会社を設立し、そこに物流ノウハウを持つセイノーの協力を得ることにしたのであろうと思う。
ごめんなさい。まったく、うまくワークするイメージがありません笑
いろんな意味で
小売業、中でも食品系は、どこも宅配事業強化に踏み切っている。
昨日は、スシローが宅配に力を入れるという記事がありましたね。

データ管理、店舗と物流の連携が鍵になってきそう。
いよいよ日本でも「オンデマンド労働」の登場、ということだったら、面白い!のですが、果たしてそうなのか?

宅配もコンビニも、現代日本の人手不足ツートップという感じですので、何かと効率化は仕方ない、と思って記事を読みましたが、宅配部分を「近所の主婦などを活用」としており、ここが単なる「パート」になるのか、最近注目される「オンデマンド労働」(仕事をしたい人がスマホでチェックインして手を挙げ、ニア・リアルタイムでタスクが割り振られるような仕組み)なのか、とても興味あります。