新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セルロースナノファイバーのメリットはいろいろありますが、なんといっても植物由来という点が大きいと思います。現在木材パルプが主原料のようですが、理論的にはあらゆる植物から製造可能です。
透過性があるのも炭素繊維などと違う点で、石油系素材の代替になる可能性がある。
とはいっても今炭素繊維でさえ1kg2000~3000円といわれているのに対し、セルロースナノファイバーは数千~1万円。汎用プラスチックは概ね1000円以下のため、道のりは遠いですが、本当に世界を変える可能性がある素材として期待したいです。
素材が普及するにはコスト低減が不可欠ですが、製造段階だけではなくリサイクル性も重要です。炭素繊維は廃棄の過程で分解することが難しく、多くが埋め立て処理されるため、それが全体のコストを押し上げていました。CNFのように植物由来のものであれば、リサイクルの負荷も小さくなります。
生物資源の新たな出口として素材産業があります。
大手自動車会社では、何年も前から世界中の植物(雑草含め)を採取して鉄に代わる素材研究をしているようです。
繊維産業って日本企業がほぼ独占しているんですか、知らなかった。鉄鋼みたいに中国やインドの追い上げはないのでしょうか?
多くの企業で注目し研究が進められているセルロースナノファイバーの記事。注目の内容。
竹ですよ。竹。
王子ホールディングス株式会社(おうじホールディングス、英名:Oji Holdings Corporation)は、王子製紙などの企業を傘下に持つ、王子グループの持株会社である。売上高ベースでは日本国内における製紙業界では最大手。三井グループと第一勧銀グループに属する。 ウィキペディア
時価総額
5,752 億円

業績

星光PMC株式会社(せいこうピーエムシー、Seiko PMC Corporation)は、日本の化学メーカー。DICの子会社。 ウィキペディア
時価総額
269 億円

業績

日本製紙株式会社(にっぽんせいし、英文社名:Nippon Paper Industries Co., Ltd.)は、日本第2位(世界8位)の製紙業会社で、日本製紙グループの中核会社である。三井グループと芙蓉グループに属する。 ウィキペディア
時価総額
1,982 億円

業績