【ワシントン時事】日米欧に中国などの新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が20日夜(日本時間21日午前)、開幕した。初日は、世界経済の動向に加え、政治的、軍事的な緊張の高まりに伴う地政学リスクを議論。焦点となっていた為替問題について麻生太郎財務相は会議後、「(通貨安競争を回避する)従来のG20合意を確認した」と述べた。

 トランプ米大統領はドル高の是正に強い関心を示し、今月に入り「ドルは強過ぎる」と直接的な言及を行った。米国の出方次第ではG20の結束が揺らぎかねないとの指摘が上がっていた。

 世界経済の動向をめぐっては、シリアや北朝鮮情勢の緊迫といった地政学リスクへの警戒感が強まっているほか、フランス大統領選や英総選挙も控え、金融市場などへの影響が懸念されている。麻生財務相は「世界経済には明るい見方があるが、見通しは不確実だ」と述べた上で、「(財政・金融政策・構造改革など)すべての政策手段を用いることを確認した」と強調した。

 G20財務相会議には日本から麻生財務相と黒田東彦日銀総裁が出席。会議は21日に閉幕するが、3月の前回会議から1カ月ほどしかたっていないため、共同声明を採択しない見通しだ。 【時事通信社】