新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"火を吹いて 闇を裂き スーパーシティが舞い上がる"
80年代の東京を象徴とする歌詞ですよね。80年代が糸井さんを呼んだとも言えるし、糸井さんが80年代に火をつけたとも言えるのでしょうね。

「気仙沼においでよ」という被災地を歌う曲に、糸井さんは矢野顕子さんと2人で歌詞をつけています。震災から8ヶ月目というタイミングでこの曲をつくられたことに、強く感銘を受けます。
http://www.1101.com/kesennuma/music_detail.html

糸井さんには、福島についても、これからを象徴する歌詞を創ってほしいなあ・・なんて思います。
【第10話】『TOKIO』が糸井重里さんの作詞とは!
そうやって詞を作っていくんだなあ。。
「だったらいっそ「TOKIO」を飛ばしちゃえ、となってできたのが「TOKIOは空を飛ぶ」というサビのフレーズ。そこさえ決まっちゃえば、あとは自然にできていった感じでしたね。」

そういう風にできるのか
ただただ、懐かしいですね。よい時代でした。
TOKIOの歌詞、大好きです。「空を飛ぶ」沢田研二の歌と踊りとコスチュームが最高でした。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。