新着Pick

日本は世界の「ニンジン王」!?

アゴラ 言論プラットフォーム
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
野菜種子の世界市場では日本が健闘中。確かに私も最近知ったぐらいで話題にならないですね。この記事のとおり農産物輸出なんかよりずっと将来性もあります。
人参と言えば長らく加工においても安定性のある「向陽2号」がスター品種でしたが、野菜ジュースの人気によって「ひとみ5寸」とか「ベータリッチ」とか柔らかく味の濃い品種が固有名詞で売られるようにもなってきました。最近だとちょっと金時系が入った長くて色の濃い「京くれない」が家庭菜園ではお勧め(種が高いので)です。
こういうところまで突っ込んでいくと品種の世界も本当に面白いです。

>木村さん ベランダミニトマトでお勧めなのはサントリー本気野菜の「純あま」です。皮が薄くて酸味甘味あります。家庭菜園用品種ですので育てやすく味にこだわって開発されたそうです。うまく育てば1株で120~140玉収穫。プランターは15L以上で1株 2株なら22L以上です。
世界シェアでニンジンで3割、ブロッコリで4割というのは素晴らしいですね。スマートデバイス等の電子部品で、日本メーカーのシェアが高いのと似てる感じでしょうか。
こうした野菜というカテゴリーで、味・彩り・ヘルシーさで多様性を発揮するというのは、日本らしくて非常に良いと思います。
最近、ファスティングという断食が流行ってますが、断食期間中はニンジンの摺りおろしジュースは3食飲んで良いそうです。ニンジンがスーパー野菜という証となるでしょうか。
モンサント社 (英:Monsanto Company、NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクールに本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。 ウィキペディア

業績

タキイ種苗株式会社(タキイしゅびょう)は、京都府京都市下京区に本社を置く種苗会社である。1835年(天保6年)創業。「桃太郎トマト」の種苗でその名を広く知られる種苗会社である。 ウィキペディア