新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小林さんは悪い人じゃないんだけど、いかんせん投下資本利益率が一桁の会社の経営トップですからね。この御仁に経済見通しを聞くのものもどうかと思います。

トランプがFRB理事長候補に挙げている人は全員いわゆるハードマネー論者で、リーマンショックに至った様な緩和的な金融政策を否定している人ばかり。なので資産バブルが起きて、それが崩壊する危険はあまりないと思います。むしろ引き締め過ぎてリセッションになる可能性の方が高いのでは
4年後にバブルになりリーマン・ショックが再来すると考える根拠が何も示されていない。
米国経済が上向いて行けば、金融緩和が終了するので「世界的なカネ余りだからバブルになる」事はないだろう。
P.S.
「バブルが心配だ」というだけなら、いつでもどこで言えるが、もっと可能性が高い事を心配すべきだろう(笑)。
既に米経済の回復は8年近くなりますから、リセッションの可能性はあると思います。ただリーマン並みになるには、おかしな格付けの金融商品が現れたり、FRBが利上げしても中国の為替介入で長期金利が上がらないようなことがおきないと難しいでしょう。
ご意見、まるごと賛成です。

ほぼ完全雇用なのにトランプの政策でいったらインフレになりそうだし、金融資本主義の優位、格差社会に関しても、トランプのリップサービスとは裏腹に、ますます進行すると思います。そして、これが「大きな流れの中の澱み」という見方も賛同します。
もし、歴史が繰り返すならば、2000年代に活発だった円キャリートレードによるカネ余りが資産バブルを引き起こすことですかね。
今はまだアメリカもまだ低金利ですが、順調に利上げが進み日米の金利差が拡大したとき、さらにアメリカが資産インフレ気味になるなど、今後いくつか条件が重なると2000年代の再来はありうるかもしれません。蓋然性は高くないとは見てますが、ゼロでもないですね。
哲学や文学に造詣の深い小林氏らしさの出た文章ですね。
(全く関係ないですが、同郷(山梨)でしかも中学校の先輩ということがわかり、氏のこれまでの経歴に強い関心を持っています)
株式会社三菱ケミカルホールディングス(みつびしケミカルホールディングス、Mitsubishi Chemical Holdings Corporation)は、東京都千代田区丸の内一丁目1番1号に本社を置く日本の共同持株会社で、日本最大の化学会社企業。東証一部上場。 ウィキペディア
時価総額
9,920 億円

業績