新着Pick
373Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
孫さんは、未上場企業にカネを入れるのが、とにかく素晴らしく上手な投資家です。個人的にすごく気に入っているのが、現在はスプリントのCEOになっている、マルセロ・クラウレとのやり取りの経緯です。もう小説かコントなのか、インタビューしている側にもわからない。

最近は口説く相手が、トランプ大統領だったり、サウジアラビアの王様だったりと、なんだかスケールアップしていますが、その「原点」からさかのぼって、孫流の「口説き方」をドキュメントにしました。
明確なビジョン(夢)と情熱、そして人一倍のスピード感がなければ大きな仕事は成就しない。世の中は、出来ない理由を探す人間が99%だ。一見不可能に見えることに対しても、「では、どうやったら出来るか」と発想するのが一流の経営者だと思っている。夢と情熱があり、そしてチャーミングな人には、必ず人がついてくる。ビジネスは人なので、人がついて来れば成功する確率は高くなる。
ロジックの分野では、「誰が言ったかではなく、何を言ったか」が重要です。

一方で交渉の分野では、ロジックはもはやコモディティ。その上で、誰が言ったか?どのタイミングで言ったか?どのように言ったか?が重要です。

この分野はAIではまだまだ無理ですね。
ま、チャーミングさだけならペッパー君もいい線行ってる気もしますが(笑)
アリババとヤフーへの投資だけで10兆円のリターンをあげているから、10兆円ファンドが一体いくらのリターンをあげるのか楽しみすぎる。孫さんが欧米中心に、弟の泰蔵さんがシンガポールからアジアをカバーして、世界中の投資案件を凄い勢いで精査して行くのだろう
この記事を担当しました。個人的には、イルッカ・パーナネンのエピソードが大好きです。300年の夢を語り、3年で売却となったオチも含めて…。

昨年久しぶりに会ったときには、ヒゲが生えていて、びっくりしました。
「孫さんが他の投資家とまったく違うのは、お金を必要としていない経営者に対して、巨額の投資マネーを受け取らせてしまう特殊能力があることです」

本当にこの言葉に集約されていると思います。
最強の競争力です。孫さんに投資で勝てる人が地上にいなくなってしまった。欲しいものは全て買える人物になってしまった。

はっきり言って周りは迷惑もします。インフレを起こすので。
例えばインドでは孫さんのせいだけではないにせよユニコーン価格で100億円規模の出資を立て続けに何社も決めたため一気にスタートアップ投資がインフレしました。
ジャック・マーのカリスマ的な存在感は、中国のスタートアップの人たちと話すと強く感じる。いま、ジャック・マー語録を読んでいるけど、面白いし本質をついている。
アダムスミスは「国富論」において、資本主義の根幹となる最も重要な掟として「生産利益は生産増加のために再投資されなくてはならない」と繰り返し説いており、生産的な「資本」と非生産的な「富」とを明確に分けています。
富に走り私服を肥やしがちな実業家もいる中、孫さんはアダムスミスの理想郷を直向きに実践している純粋な実業家と言えるのかもしれません。
孫さんの目利き力も凄いですが、交渉力も凄いですね。
「天は二物を与えず」と聞いていましたが、与えているではないですか(笑)。
300年先の未来で口説かれたら実現性などどうでもいいですね。なんとかしようと思ってしまいます。
この連載について
ソフトバンクの孫正義社長が、合計10兆円の資金を集めて、巨大な投資ファンドの運営に挑もうとしている。2017年に60歳を迎える日本きっての実業家は、IT産業の未来図をデザインする、世界的な投資家になれるか。孫が目標だと語ってきた、米国の伝説の投資家ウォーレン・バフェットと比較しながら、その実力や戦略をレポートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.80 兆円

業績

業績