新着Pick
615Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクの時価総額が史上最大だったのは、確かに2000年のドットコムバブル前後で20兆円。あの波をどう迎えたかは、大きな分かれ道になったのかもしれません。

ちなみに堀江さんは、昔孫泰造さんと同じ塾に通っていたと。もしもその時から孫さんと知り合ってたら、一緒の働くことがあったかもしれません。
孫さんが嫌われないのはハゲていた、坂本龍馬が好き、というのは確かにありそうです。でも1番はリスクをとってキャッシュを生み出しているからでしょう。ヒーローです。
面白い。僕も免罪符を手に入れました。
「孫さんが「ハゲている」という点も、やっぱりとても強いんですよ。ハゲが、一種の成功の免罪符になっているんです。」
堀江さんだから語れる孫さんの投資家としての軌跡。個人的には成功の免罪符というフレーズがとても印象に残った。日本では、エバン・スピーゲルみたいなピカピカの成功者が出て来たら、やっぱり潰されるんだろうか
同じ時代を生きた、そしてある意味生き方がかぶる堀江さんならではのインタビューで大変面白かったです。単なる称賛でなく、裏側も苦労も理解しつつ認めている感じが良く伝わってきますね
継続する企業を作りたいという概念は全く理解できません笑
「ITバブル期に株式を公開できたか否かが資金力の差になった。自分は生まれてきたのがチョッとだけ遅かった。」
なるほど。人生は実力と努力と運の掛け算ですからね。

P.S.
「孫さんは、半導体製造企業のキングストーンへの投資では失敗していますし、今思えばコムデックスは割高の投資だったかもしれません。
しかし、それでお金持ちの経営者のイメージが広がって、多くの人が接触してくるんです。その先に、投資とリターンの帳尻が合えばいいんですよ。いくつかが、当たればいい。」
のだそうです。
こういう柔軟な発想が出来るって、素晴らしいですね。

P.S.2
孫さんが嫌われないのは、「坂本龍馬を尊敬しているから」と「ハゲているから」???ここは疑問(笑)。
孫正義だから、ショーンコネリーだから、楠木教授だから、ハゲはカッコいいのであって、平民はせめてプロペシアを飲んで髪くらいは生やしておいた方がよい。と思って、今日も1日一粒!
今回のインタビューで堀江さんは「生まれるのが孫さんより少し遅かった」とおしゃってますが、2004年2月に行ったSPA!インタビューでは「孫さんは生まれるのが少し早かった。孫さんが坂本龍馬になり、僕は伊藤博文になる」と。返す返す、ライブドア事件がなかったら、今の日本の風景はどうなっていたのだろうかと思うときがあります。
今まで知らなかった面から孫さんを見た感じがして面白かったです。
堀江さんと孫さんは紙一重の違いだったのですね。
歴史に「もしも」は無いのでしょうが、堀江さんがヤフーの立ち上げをしていたら、、、想像するだけでワクワクします。
この連載について
ソフトバンクの孫正義社長が、合計10兆円の資金を集めて、巨大な投資ファンドの運営に挑もうとしている。2017年に60歳を迎える日本きっての実業家は、IT産業の未来図をデザインする、世界的な投資家になれるか。孫が目標だと語ってきた、米国の伝説の投資家ウォーレン・バフェットと比較しながら、その実力や戦略をレポートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.87 兆円

業績