新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

98Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルペン党首の当選は、EUの崩壊ないし変質に直結するだけに、見方によってはトランプ氏の当選より大きなインパクトを持つものだ。極端な排外主義はトランプ氏の場合と同様、知識層では「隠れ支持者」を生み、低学歴層には熱狂的な支持者を生む可能性がある。隠れ支持者の存在はトランプの場合と同様、世論調査の信頼性を低下させている。全く予断を許さないというのが率直なところだ。
大変懸念しています。
まず、今朝起こったシャンゼリゼ通りでの警官狙撃事件。2名の警官が撃たれました。これが”現状”への不満のシンボルとして捉えられ、そして「それを帰れるのはLe Penのみ」というように雪崩れないかということ。特にパリではAnti-Le Penがまだまだ優勢ですが、HLMなどの社会のひずみも抱え、今朝の事件で「反移民」への動きがパリでも加勢するかもしれません。

二つ目に、ロシアの影響が心配です。3月にルペン候補がプーチンロシア大統領と会っていますが、現在、ワシントンDCを騒がしているロシアによるサイバー攻撃でマクロン候補が”落選”するというシナリオです。ロシアとしては、親EUで、ロシア強硬派のマクロンは、関わりたくない相手でしょうから。

あとは23日の投票でだれがトップ2になるのか(5月の決選投票への進出候補は誰か)ということでしょうね。もしマクロン23日でトップ2に入れない、という状況であった場合、Front Nationale(FN)のフランスが現実味を帯びます。

来週を平穏に迎えられることを祈ります。。。
経済学的な観点から言えば、移民が労働市場に増えると、全体的な賃金水準は下がり、この記事でも扱われているような教育水準の低い労働者にとって、雇用を奪われると同時に賃金の引き下げ圧力が強くなります。そうなると当然移民受け入れには反対になります。もちろん、景気の面でも賃金水準が上がらないと良いインフレにならず、景気の押し下げ要因になるのは避けれません。

一方でルペン支持率が高くない西部はこの記事を見ても、失業率が低く、働き手として移民ニーズがあると見られます。よって、国民戦線の支持率が上がらないのは何となく納得がいきます。
支持基盤やかつての投票予測が当てにならなくなっています。

ルペン大統領も十分にあり得るのではないでしょうか?

とりわけ、フランスでは大統領の権限が強大です。
この選挙がEUに及ぼす影響は大きなものになると考えます。
ルペン支持者が見えにくいことの理由は、大手を振って支持を表明するのをはばかられるほど、国民戦線に悪いイメージがつきまとっていること、もあるかと思います。自由平等友愛の3語を幼少期から叩き込まれてきたフランス市民にとって、明確な差別意識を前面に出すのは恥ずべきこと。たとえそれが心の中にあったとしても(そしてそういう人は少数ではないのですが)、表明するのは気が引ける、という微妙な羞恥心があるように感じます。
マリーヌ女史の国民戦線は、その辺りの心情をうまく拾ってるんですよね。「大丈夫よ国民戦線を支持するのは恥ずかしいことじゃないのよ。私たちの言ってることは差別じゃないのよ。共和国の理念にあってることなのよ」と。その言説が生活に不満や不安がある有権者には響いて、見えにくい支持が増えているように感じます。
反ルペンの人々の中には、彼女が政策を語る時に「全て恐怖に持っていく」ことを批判している声もあります。理想を掲げ、前を向いて国づくりをしていけるフランスでありたい、恐怖に支配されない国でありたいという誇りもまた、この国には根強くあるように感じます。

ちなみに昨晩のテロ、亡くなった方には本当に痛ましい事件ですが、周囲のフランス人は冷静に「絶妙のタイミングでマリーヌはほくそ笑んでるんじゃないか?」くらいの発言をしております……。不謹慎は自覚しつつ、現地の感覚として書かせていただきますね。
仮にルペン候補が落選したとして、これだけ不満を抱える国全体をどう立ち直らせるか。すでに世論は割れてしまっている。
Brexit、トランプと続いたので、「2度ある事は3度ある」かも。
特に、今朝のテロがルペン氏の追い風になるだろう。
予断を持たずに情勢を見守りたい。
日本のトランプは誰なんですかね。。。
今回の第一回投票において、パリでは、マリーヌ・ルペン候補の得票率が5%にさえ届かなかった。つまり、全国平均の4分の1さえ取れなかったのだ。普通選挙が純粋に政治的な思想信条を表明する機会であるのなら、これほどの地域差は生じないだろう。むしろ、地域差の背後にあるのは──地理的条件と重なりがちな──経済格差や教育格差であるに違いあるまい。いずれにせよ、普通選挙に基づく大統領選挙が国民を二分して対立させる機会になってしまうのでは、まさに本末転倒なのである。