新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

322Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アイコスのことを理解するには、たばこ産業の歴史を振り返ることが欠かせません。今回は、紀元前から続いてきたたばこの歴史を、簡単にスライドにまとめました。

それにしても、肺がんなどとの因果関係が証明できるのは20年後とは。。。まだまだ越えるべき高いハードルが待ち受けています。
分かりやすくまとまっており勉強になりました。

が、これが「JTウェブサイト」を基盤につくられたものという前提はあった方が良いかと思われます。特に国際がん研究機関の発がん性評価でタバコは不動のグループ1(ヒトに対して発がん性がある)と分類されているのに、最後のタールの発がん性についてはよくも言えたもんだなぁという感想です。

http://www.arib-emf.org/sp/01denpa/denpa04-03/

また、ニコチンだって血管収縮作用がありますので心筋梗塞や脳梗塞のリスクがあり有害なことは間違いないです。
子供のタバコ誤飲で問題となるのもニコチン中毒症状です。

ニコチンで問題となるのは依存性と離脱症状。ニコチンは中枢神経のドパミン神経系、特に脳内報酬系を活性化するため、摂取後に「一時的」に快感や覚醒作用を得られます。これは覚醒剤など依存性を有する他の薬物と同じですね。ニコチン摂取を続けると、ニコチン受容体の感受性が低下し、ニコチンを外部から摂取しないと神経伝達が低下した状態、つまり不安症状やイライラ感などを生じます。

ニコチンの血中濃度半減期は30分程度ですので、依存症の場合は喫煙後1時間ほどで喫煙への欲求が生じます。ちなみにこういった離脱症状は、一般的に禁煙開始後3日以内がピークでその後徐々に消失していきます。禁煙の最初の数日間がきついのはこのためです。

また、タバコの中に含まれている化学物質は合わせて数千種類に及びますのでニコチンとタールだけで単純に語れるものではありません。

http://sugu-kinen.jp/harm/material/

繰り返しますが、原発でいうところの東電というポジショントークに基づいたウェブサイトという認識はあった方が良いかと思われます。

ちなみに、iQOSについては無害ではないものの相対的に健康被害も受動喫煙も火災被害も軽減されることが期待できるため賛成の立場です。
そもそも水タバコがずっと前からタールフリーのシステムを実現してた。炭の熱源がリチウムイオン電池由来に変わっただけとのこと
昨日この特集にコメントしたら、「アイコスによって、一度タバコやめた人も再び戻ってきてるらしいよ」と教えてくれた方がいました。
そこまでを計算していたわけではないでしょうが、有害性や周りへの迷惑をなくし、嗜む人の裾野を広げる効果もあったのであれば、 本当にイノベーションですね
業界トップがこの動きをとったのが、すごいことだと感じました。
スライドストーリー作成中は、ゴダールの映画に出てくるくわえたばこの登場人物が頭に浮かんでいました。
PMの意思決定とそれをモノにしはじめているところのすごさがよくわかりました。

ただ、たばこを吸う人って最初は「ちょっといけないことやってやろう」みたいな気持ちが少なからずあって吸い始めると思うのですが、クリーンなイメージのたばこができたとして、それって何か良いのかなとも思ったりしています。わざわざアイコスからすいはじめよう、という人がいるのかが疑問で難しい話だなと思います
"肺ガンとの因果関係は明らかになっていない"
いつも真っ二つに分かれるポイントですが、元々の喫煙者からすると、アイコスにする理由は自分の健康のためではありません。
ほとんどは受動喫煙への懺悔でしょう。
いいスライドですね。
特にタバコの歴史がよく理解できました。

余談ですが、私が新聞社に入った2000年代前半には、タバコを燻らせる写真は掲載しない(喫煙中に取材したとしてもタバコを置いてもらって撮影する)となっていました。私としては祖父がヘビースモーカーだったし社内でも喫煙が当然だったので、タバコがそんなに悪者になっていることに驚きました。
ただ、特別なケースもあって「悪い人」「ヒールなイメージの人はあえて」は、タバコがあってもよいと言われました。私が関わった仕事の中で、喫煙中の人物の写真が掲載されたのは唯一、殺人を告白した元服役囚の記事。(もちろん、後ろ姿でしたが)
アイコスの登場でこういうイメージが変わるのか、変わらないのか。そちらにも興味が湧いてきます。
新しいものを理解するには、そのものを理解するよりも「辿る」ことが大切だと思っていますが、まさにそんなスライドでたいへん勉強になりました。
これは素晴らしい。タバコの歴史がまとまっていてスライドなのでさくっと理解できる。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
97.0 兆円

業績