新着Pick
765Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もうすぐAIが人間の仕事を代替して、寝て暮らせる世の中が来るのか、睡眠革命を起こして安眠しないと翌日の仕事に差し支える位忙しい世の中が来るのか、はっきりして欲しい。
この記事とは直接関係ないが、「睡眠革命」を本当に仕掛けたいのなら、「夢dream」の謎を探求する必要があると思う。プロセス思考心理学を創始したアーノルド・ミンデルは、「ドリームボディ」「ドリーミング」「ドリームランド」といった一連の刺激的で謎に満ちたコンセプトを操作し、「脳内の単純な神経作用」とする自然科学的な見立てから「夢」を解放した。

私たちはなぜ眠る必要があるのか。なぜ夢を見るのか。一人ひとりの脳内活動をつなぐネットワークとしての夢作用をミンデルは想定してきたのだと思うが、それは突拍子もないことだろうか。もし「睡眠」は意識活動の低減(休眠)ではなく、異なる質の意識へのアクセスだとしたらどうだろうか。「睡眠革命」の地平は、思いの外広大で深淵な領域への扉を開くことになるかもしれない。
メディカル枕とエアヴィーヴが僕にとって最強の組み合わせ。これ以上は必要なし。
例えばお母さんがトントン叩くと赤ちゃんが寝やすいように、睡眠と触覚の関係、すごく興味あるんですけど、いざやろうとすると実験条件の統制がとても難しいんですよね。昼間コーヒー飲んだか飲まないかとかでも違う可能性ありますし。
もし、最高の眠りを1時間半提供できますとかだと、飛行機とかで移動中のサラリーマンとかに持ってこいなんですが。
このデバイスは興味あるので買ってみようかなぁ。
最高の眠りは確かに興味がありますが、80%くらいの良い眠りは最近の睡眠本を読んで行動改革すれば叶えられそう。もっと言えば、寝る前のスマホを止め、酒やコーヒーを飲まず、熱い風呂に入らない を守るだけでもそこそこ上質な眠りが出来そうかなと思うのですが、甘いですかね。
睡眠はただ寝るだけを最適化しようとお金の使いやすいジャンル。
睡眠サポートデバイスがどのようなロジックでiphonのインパクトを与えるのか全く理解出来ない。単発のデバイスとしては良好のよう。
Senseに利用体験日記参照
http://www.kickstarterfan.com/archives/24799
睡眠導入デバイスを売っている会社の名前が『Hello』って若干違和感あるんだけど、そんなものなのかなあ…
どんなに前日遅くても、スパッと目が覚める状態に毎朝してくれる装置を望みます! 春眠暁を覚えず、最近はしっかりと寝ても、眠い。
「うまくいけば、iPodと並ぶデバイスになるかもしれないよ」
注目ですね。