新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

2145Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
表題は、NewsPicksのヘビーユーザーであれば誰もが思っていることではないでしょうか。「プロピッカー」という役目を拝命しておきながらこう申しあげるのも少々憚られるのですが、正直、日々の仕事に全力を投じながら毎日コンスタントに複数のニュースにコメントするなどという器用なことは私にはできません。得てしてニュースにまとめてコメントしているタイミング(つまり今)というのは、私が暇な(もしくはサボっている)時期の証です。

これまた正直に白状すると、ほとんどのニュースは、私の生活にはほとんど関係しないことですし、自分にとって本当に大切なことを考えるために、日々溢れる情報に溺れることだけは避けたいと思っています。漫然と過ごさぬよう、NewsPicks断ち、SNS断ち、ネット断ち、飲み会断ち、しょっちゅうやります。楽しいからこそ、ほどほどに。

「メールを即レスしない人間は無能だ」などという俗説もありますが、自分の人生の主導権を他人に差し出す必要なんてありません。無能で大いに結構と構えて、自分のペースを守らないと、簡単に流されてしまいます。
読んで思ったことは二つ。

1)徹底的に遮断する思考時間
仕事ができる人たちは必ずこれをやっています。時間を作り、場所を変え、とにかく情報のインプットをせず、思考をすること。思考時間を多く取らないと、大胆に言えばインプットは何の意味もなくなる、改めて思います。

2)成長を加速させる振り返り
一日の始まりの整理はしていても、振り返りはどうもおろそかになってしまい、続いていないので、何か仕組みで解決するしかないんでしょうね。今回の記事からロジカルに一日の振り返りをすることが、次の日につながることを感覚でなく理解できたので、振り返り継続の仕組み作りへのモチベーションが相当上がりました。
なかなか変で面白い
面白いインタビュー。前回ぼこぼこにされていた上田さんが最後には突っ込みを入れるところまで成長した 涙 という視点でも読めます 笑
さて、本論ですが一言で言えば日常生活に高回転のPDCAを取り入れよ、ということですが、こんなことをできてる人はほとんどいなそうですね。

P迂闊に始めない
Dプラン通りに実行する
C集中を測定する
A振り返ってフィードバックする

イチローが実践してるというのも納得です
確かに「高橋名人の冒険島」や「魔界村」をしてる時は、一生懸命ではあったけれどもうかつに始めて、うかつに終わってましたね。笑

振り返りは内省にも通じるため、精神衛生上も良さそうです。
手術は予習・復習が大切だと、ずっとそう思っていて、一日の割と多くの時間をそれに費やしています。執刀医なら当たり前と言えば当たり前ですが。
石川先生の分析と着眼点にはいつも刺激を受けています。今日から予習・復習の質が少し変わってくる、そんな前向きな力をいただきました。
昨日、ちょうどメンバーたちに「私たちが何か偉大なことを成し遂げるとしたら、それは私たちが飛び抜けて優秀だからではなく、大切なことに『focus』をしたという理由になるだろう」と話していたので、とても刺さりました。

----------------------------------------

「集中とは何か? それは真に意味あることは何か、もっとも重要なことは何か、という観点から時間と仕事について自ら意思決定する勇気のことである」

「成果をあげるには、意思決定の数を多くしてはならない。重要な意思決定に集中しなければならない」

「私たちは、すぐに自分の能力を過信するところがありますが、そんなに立派なはずがない。だからこそ、重要な意思決定に集中しなければならないし、逆に言えば、重要でないことはどんどん捨てなければならないなと。」
石川さんと上田さんのやり取りが面白すぎて、すごく参考になる話なのに、内容に「集中」できません(笑)。

集中の話というと、集中するその瞬間にフォーカスされることが多いですが、フィードバックに焦点を当てるというのが、とても新鮮でした。

自分も一日は疲れたら終えているだけだったりするので、上田さんに負けずに仕事が上達するように振り返りを頑張ります。
奇才、石川善樹くんによる「集中力」についての意見。

彼は、何を質問しても、数式にしたり、図解したり、とにかく物事をわかりやすく分解して、説明してくれる。そんな彼がお薦めするのが、仕事を終える時の振り返り。確かに、予定を立てることはあっても、自分の望んだ時間の使い方だったのか、振り返ることはしたことなかった。

私は今月から毎朝、NewsPicksで朝のペースを作ることにしているけれど、早速今晩から振り返り、やってみよう。
Twitterにも研究者向けの研究しろbotがあって、「Twitter見るな」、「研究しろ」的なことがえんえんと書かれていますね。研究者の仕事の中で一番集中力が必要なのは論文を書くとき。当の本人は研究結果の一番面白いところは既に知っているので、いざ論文を書くときには研究対象に興味を失っている場合も多く、ある種の苦行です。全てを遮断しても集中できないときがあるので、集中を取り扱うのにみなさんも同様に悩んでおられるのだな、と。その結果、集中する方法に色々な流儀が生まれてくるのではと思います。
この連載について
現代人の集中は切れやすい。メールやSNS、ニュースを絶えずチェックし、自ら消耗して仕事の時間を奪われている。どうすれば集中力を高め、持続できるのか。成果を出す人の「超集中力」を学ぶ。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア