新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

94Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
他国のトップを「小ささとセコさ」とこき下ろして、その国の外交を矮小化するのが批評としてまかり通るなら、同じことはアメリカや日本のトップにも言える。日本の外交が詰めの甘さで失敗ばかりしているのは安倍首相が浅知恵で甘やかされて育った坊ちゃんだから、ということになる。首脳個人の性質と外交を並列に論じることにあまり意味を感じない。

先の木村幹さんの韓国評論と比べてかなり浅い。。。
この記事、執筆しました。中国問題のいちばんやっかいなところは、外国の中国に対する認知と、中国自身の認知が、大きくかけはなれているところです。それは彼らに分析能力がないのではなく、むしろ分析能力の高い人々がそろっているのですが、政治レベルになると「そのように分析しなければならない」というロジックが内在され、議論が外国とかみ合わなくなるのです。それは国家の病のようなものです。どの国にも多かれ少なかれあるものですが、中国の場合、記事にあるように国家の生い立ちもあって、その傾向が著しいのです。大国になった中国でもその点は変わりません。それが北朝鮮問題でのリスクを高める要因にもなっているように思えます。

この「朝鮮半島クライシス」の連載のバックナンバーはこちらです。
https://newspicks.com/user/9456
要するに習近平の器が小さいという指摘ですし、確かにその生い立ちからそうなっているのかもしれないのですが、中国はそれなりに戦略的に振る舞っていると思います。あまり個人的な資質を言っても仕方がないように思います。
連載「北朝鮮クライシス」の第6回は、中国など中華圏アジアを専門とする野嶋記者による記事。中国の国家の成り立ちと、習近平の個人的な資質という2つの視点からのアプローチは野嶋さんらしい味方。

明日は最終回。安全保障に精通した数少ない政治家の1人、長島昭久議員への佐々木編集長インタビューです。図らずも、インタビュー実施翌日に離党が表明され、とても驚きました。

さて、本題。習近平の中国共産党総書記就任は2012年11月。金正恩の北朝鮮の最高指導者就任は2011年12月。概ね時期が重なっています。5年近く、中朝のトップが面会していないのは意外でした。もし、今、習近平が金正恩と会談するという話しがでれば、大きく情勢が変わる可能性もあるかも知れません(単なる憶測ですが)。

2010年前後の日中関係悪化の背景として、中南海の対日(対外)強硬派が力を付けてきたという人事ないし内政からの分析を、ある専門家から聞いたことがあります。内部の事情や指導者の力の関係の動きが、対外政策にも出てくるというお話しでした。

政治指導者の個人の資質の部分と、内政上の理由から「そう振る舞うこと」に政治的な意味があるケース(例えば対日強硬姿勢など)がみられるように思います。

中国と簡単に一緒には語れないものの、アジア全体を俯瞰すれば、強烈なカリスマを持つ時代から、調整型リーダーや実務でコツコツ型のリーダーへの時代となっている印象を持っています。現在、カリスマが強いと言われるのはドゥテルテ・フィリピン大統領やモディ・インド首相が挙げられます。

ただ、この(対照的な)2人ですら、時代に要請された実務や調整をベースにしていると私は見ています。対外的に目立つ動きが大きく報じられがちですが、現地の情報を細かくフォローしていくと、案外と地道な施策もとっていることが分かります(だからこそ、高支持率が続いている)。

それだけ新興国において、統治機構や組織に加えて、国際関係が内政にも直結するという複雑が生じて、リーダーのあり方も変わってきているのでは(あるいはカリスマでけん引する時代が終わったのでは)と感じるところです。

連載のバックナンバーはこちらから。
https://newspicks.com/user/9456

明日の最終回までお読み頂けると嬉しいです。
色んな専門家の方々が仰っていますが、最終的に中国の外交問題は全部内政問題、すなわち中共内の権力闘争が関係するように思います。

北朝鮮問題についても、北朝鮮とズブズブの関係にある江沢民派を叩くために習近平が北朝鮮に対して強硬な姿勢を取っている、と言われていますよね。また、中国経済を見てもアリババのジャックマーを含め、上海閥と呼ばれる江沢民派が多いのも有名です。
読後に「で、どないせえっちゅうねん?」という言葉が思わず口をついて出た。筆者にはたいへん失礼だが叙情的すぎて中国という大国の「行動原理」を探りそれに対抗するという視点ではは物足りなかった。

記事のようにどれほど「いまの中国にはかつての大国の風格がない」「中韓対立も香港問題も子どもの喧嘩だ」「習近平は小物だ」と指摘しても仕方がない。むしろそういう等身大の中国という国家の行動を所与のものとして、なお日本の国益をどう追求していくのかという視点がほしい。

なお、文中の少なくとも一箇所に「衍字」がある。出稿の前に校正のほうももしっかりなさったほうがよい。なお、ご参考までに本稿にも敢えて衍字を一個入れときました。
中国の外交は内向きのメッセージが強く込められています。特に共産党内に向けてです。「今の政権はこんなに相手に対しても強く出れるのだ」と。これは今の習近平政権に限る者ではなく、歴代の政権が程度の違いはあれ、同じことをしています。一種の党文化です。
記事にある通り、これから「秋の党大会」に向けてこの傾向は一層強くなっていきます。
興味深い
80年代末から2000年にかけて中国ビジネスに係わり、国家の変容を目の当たりにした者としてこの記事のポイント、分かるような気がします。

13億の民を治めるというのは並大抵ではなく、それは為政者にとっては「恐れ」というものなのでしょう。

現在の中国の実力ではコワモテ外交によって内政を統治するしかすべがないのでしょうね。

おそらく日本政府もその程度の見識はあって、面では中国の強行外交を批判しながらもう一方の戦略を展開していると期待したいが...
これはなかなか良い分析だ。弱者マインドという点では習近平と金正恩とは共通点があるのに気がついた。これが両国の安全保障と外交にどう反映するか考えて見たい。被害妄想が原因で過激な反応をする危険も考えるべきだ。中国には歴史を長い目で見ることができる大人の指導者がいたと思う。そんな良き伝統を継承する指導者がこれからの東アジアの安全保障を追求してもらいたい。
この連載について
北朝鮮はミサイル発射を敢行して強気を貫き、朝鮮半島の緊張が高まっている。しかし、トランプ政権のアジア政策はまだ明瞭ではなく、韓国は朴槿恵失脚で混乱している。鍵となる中国は、有事による大量の難民流入リスクから現状維持指向だ。今、日本は「アメリカ頼み」や「平和ぼけ」では済まされない状況に直面している。日本人が知っておくべき朝鮮半島リスクを総点検する。