新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載3回目は、マンスリープロピッカーで安全保障が専門の武貞秀士さんと神保謙さんへの取材をベースに、基本事項をまとめました。

「米国一極集中から「米中の長期競争関係」の時代のなか、アメリカとの同盟関係がありながらも、日本が求められる役割は変わっていきます。そして、有事でとれるオプションが少ない日本が、今後抑止力を高めるには、どうすればよいのか。

最後に、比較的読みやすい入門書的な推薦図書も挙げておきました。

もちろん平和が一番です。平和を祈りたいもので、有事は起こって欲しくはありません。しかし、相手のある話しで、「祈り」だけではどうにもならない場合があります。有事はひとたび起こった場合のダメージが大きすぎます。最悪の事態を含めた様々な事態を想定しておくことが、クライシスマネジメントの基本です。

今回、本当にそうなるかどうかを超えて、また、賛否も超えて、いったんは考えて置くべき論点だと思います。

明日はトランプ政権のアジア安保政策に迫ります。

本連載のバックナンバーはこちら。
https://newspicks.com/user/9456
韓国に住む日本人の一人ですが、この記事の地図に掲載されている都市の名前と現在の人口ぐらいは大雑把にでも把握して、その都市で日常的に生活している人たちをイメージして欲しい。有事の際に日本のとるべきアクションやリスクを戦略的に解説することがこの記事の趣旨だということは理解していますが、朝鮮半島で起こる戦災を最も被るのは、日本でもアメリカでもなく朝鮮半島に住むごく普通の人たちだということをもっともっと想像して欲しいと思います。
非常に現実的な視点ですね。
朝鮮半島リスクとは、北朝鮮単体で考えるべきではなく、その背後にある中国とどのように付き合っていくのか、つまり中国問題なのだ、と言うことでしょうか。

中国との決定的な対立か破滅的な事態を招く恐れがある以上、北朝鮮への軍事介入のオプションは現実的には不可能な選択肢です。
そうなると、米中の長期的な競争関係の中で、北朝鮮をどう抑えるのが、という視点で考えざるを得ません。

その際我が国の取りうる術は、軍事的な抑止力を強化し、北朝鮮の暴発や、紛争のエスカレートを思いとどまらせることだ、と言うのは説得力があります。

何十年も北朝鮮の崩壊リスクが叫ばれているにも関わらず、なかなか北朝鮮が崩壊しないのは、ある意味こうした米中の絶妙なパワーバランスの上に乗ってしまっている為だと言えます。

日本としてもこの迷惑な隣人とは、米中のパワーバランスを見つつ、長い視点で付き合っていかなければならないのかもしれません。
外交と防衛は感情を排して冷徹に行なっていくことが必要だ。目の前の個々の問題に目くじらを立てて感情的に反応するのではなく、そういう人たちを横目に、鳥の目で、どういう外交関係が必要なのか、(米軍に過度に頼らない、憲法の範囲での)自衛のための防衛力整備はどうあるべきなのか、そのために予算にどういうメリハリをつけなければならないのか、もし中期的に憲法改正が必要ならどの部分かの明確化など、政府としてしっかり対応してくれることを望みます。
>しかし、朝鮮半島有事が発生すれば、韓国に住む約3万8000人(在留邦人届けベース)もの日本人の保護は誰が対応するのだろうか。

本当にこの問題は何とかしないといけないと思っています。今の法制度では、自衛隊は韓国に在韓邦人を救いに行けません。なぜなら、自衛隊が韓国に入るには韓国政府の事前承諾が入る上、韓国政府が自国に日本の軍隊が入ることを拒む可能性が極めて高いからです。

アメリカなどの他国ならどうするか、を考えると、せめて他国並みの対応ができるようにしてもらいたいです。
朝鮮半島クライシス第3回目。川端記者は、神保氏、武貞氏という二人の当代一流のアナリストの言葉を通して、リスクの在りかと、そのリスクへの処方箋、そして、最終的にはリスクを個々人がどう受け止めるのか思考方法を提案している。通常のメディアにはなかなか乗りにくいタイプの話で価値ある文章。
以下の記事も併せて読みたいですね。

〝四面「核」歌〟状態の日本が生き残る道
対談―戸崎洋史(日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター 主任研究員)×小泉 悠(未来工学研究所客員研究員)×神保 謙(慶應義塾大学総合政策学部准教授)
https://newspicks.com/news/2177736
状況をよく整理できているいい内容だとは思います。
優秀なアナリストの方々であることは分かります。
問題は、このアナリストによる分析を受けて、私たちが何を具体的にするのかを考え、実際に行動に移すための術を模索し、いつでも実行できるように準備しておくことですね。

実際の紛争になれば、いろいろと”考えられていたこと”はことごとく実行不能になってしまいますので。無理な話ですが、大事なことは、いかに冷静になることでしょう。
>「興味深いことに、米国が中国を国際システムの『大人のプレーヤー』としてみなしていた時期に、日本は外交構想の中で中国を外部化しようとしていた。それが第一次安倍政権の『自由と繁栄の孤』である。外交安全保障政策で中国をどうみなすかについて、日本と米国の間に大きな溝があった時期といえる」と神保氏は指摘する。

そうだったのか。米中のパワーバランスを把握する上で方程式を常にアップデートする必要がある、というのが印象的でした。
この先、日本の安全保障政策が米国が考える政策と乖離する時が来るとすれば、そのタイミングが危ないのではないか。
アメリカの北朝鮮進攻はその後駐留するだろうからまず間違いなく中国に反対がある為かなり難しい選択をすることになりそう。
日本としては追い詰められた北朝鮮による攻撃を一般人レベルで意識する日が近いかもしれない。
米中の準備期間が長ければ水面下で交渉して中国主導で北朝鮮を叩くのが一番良いシナリオかもしれないが、それより早い行動を起こした場合は駐留米軍による攻撃になってその後の世界で米中の対立に発展しかねない。のでどのシナリオも日本にとってはマイナスになりそう。
この連載について
北朝鮮はミサイル発射を敢行して強気を貫き、朝鮮半島の緊張が高まっている。しかし、トランプ政権のアジア政策はまだ明瞭ではなく、韓国は朴槿恵失脚で混乱している。鍵となる中国は、有事による大量の難民流入リスクから現状維持指向だ。今、日本は「アメリカ頼み」や「平和ぼけ」では済まされない状況に直面している。日本人が知っておくべき朝鮮半島リスクを総点検する。