新着Pick
308Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
各社のTwitterを見ると、本当に良い、悪いの反応がよくわかります。それと、どこまで「中の人」がお客様と向き合うか。mineoの「マイネ王」やIIJmioのブログなんかはユーザーと向き合いながらいいイメージを形成していますよね。
LINEモバイルもTwitterに社長自ら返信することも多く、基本的に社員が必ずポジ・ネガ双方の意見に耳を傾けながら「反応する」までをセットにして良い流れを形成しています。
よく「お客様の声を聞き、サービスに反映します」ってありますが、MVNOみたいなネットの距離も近いサービスだと、これらのようなユーザーコミュニティの形成が非常に大事だと感じており、それが最終的に「口コミ」のレベルまで繋がるのだと思います。
「格安スマホのサービスに不安を持つ消費者は多い。認知率と利用率のギャップはその現れ。」
仰る通りではないかなと思います。興味がある人、存在を知っている人はとても多いと思いますが、なかなか踏み出せないことが少なくないのではと感じます。

いつの時代も口コミによる影響は大きいもの。格安スマホに対する評判が上がれば、利用者も増えそうですね。
良い口コミ競争はMVNOだからこその戦略だと思います。大手がこれをやっても知名度もサポートも十分で、個人への返信も恐らく出来ないですね。
docomo、au、SoftBankが楽天モバイル、LINEモバイル、マイネオ、ビックシムみたいなわかりやすく安価なサービスだけ提供したら、その時はもうMVNOは不要になります。MNOの料金は多少高くても構いません。もっと分かりやすくとは思いますが、料金に関してそれ以上は望みません。多様性を保って、ユーザーの選択肢を広げるのなら、今くらいが良い塩梅でバランスが取れている。SoftBankがGB当たりの単価を大きく引き下げた、ギガモンスターの発表で影響を受けたMVNOもあると思う。MVNOはMNOに値下げして欲しくないと思っているんじゃないの。
僕の周りにIT業界の人が多いからかもしれないが、MVNOの口コミをFacebookなどで見かけると、だいたいLINEモバイルをプッシュしている。
普通に使う分にはどこも変わらない。端末壊れた時に、通信会社と端末会社は別だと理解できない層が、ひどいレビューを書きそう。
本筋とは違いますが、LINEモバイルのCMの歌が良い!キリンジのエイリアンズです。

先日、有楽町のビールケース重ねた上に板をおいた机で外で飲めるお店で、隣のお兄さんが話しをしているとこに、割り込んでしまいました。

隣1「LINEモバイルのキリンジの歌、知らない?」
隣2「わからない」
私「キリンジのエイリアンズでしょ?」
隣1「そうです!」
私「あれ、お兄さんは、まだ、若そうですけど、オレなんかは、学生時代の記憶が蘇るんだけど、お兄さん、いくつ?」
隣1「44歳です!」
私「え?年上なんですか??失礼しました。キリンジが大好きだったもんで、ツイ、割り込んじゃってすいません。」

もう、すっかりオジサンだと自覚した一件でした。。

CMの曲が、音楽カルチャーに影響を与えるという昔のモデルは、有効だと思います。ホンダのCMなんかも、センスがありますし、それがキッカケで大ヒットとなったSuchmosなんかもありますし。。
格安スマホは、大手から回線の幅を借りてきているが、よく道路の幅に例えられる。道路の幅に対して、どのくらいの車を通すかはMVNOの判断。狭い道路にたくさんの車が通ると渋滞、つまり通信が遅くなる。MVNOのいまの課題は昼など混雑する時間に通信が遅くなる点で、それに対して利益との観点でどのくらいの道路幅をそもそも持つか、という判断が重要。高いお金がかかっていても、通信はスムーズにしていたいというユーザーの潜在的な意識もある。車が集中していない時間はすいすい走れる。ユーザーはコスト面でみれば、圧倒的に得だと思う。
徹底したコストダウンで格安になるのに、店舗網や広告に大きなコストを払わなければ生き残れない。悩ましい競争ですね。
ウワサの美人社長、嘉戸さんと飲みに行ったけど、めっちゃ気さくな方だった。
(場所は新橋の立ち飲み屋w)
いまのキャリアの2年縛りが終わったらシフトかなー。
これだけ価格差があるにも関わらず大手三社が未だに圧倒的なシェアを持っていることが驚き。
株式会社三菱総合研究所(みつびしそうごうけんきゅうしょ)は、東京都千代田区永田町二丁目10番3号に本社を置く、日本のシンクタンク、システム開発会社でシステムインテグレーター(ユーザー系)。略称は、MRIまたは三菱総研。 ウィキペディア
時価総額
515 億円

業績

業績