新着Pick
367Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小売の最先端がどこに向かおうとしているかという戦略がよくまとめられた記事です。さらに、他のアマゾン独自のB2C向けサービスは
Amazonを自然と想起させるタッチポイントになり、AWSはそれらへの投資の源泉となっている好循環を考えると、恐ろしいとも言えます。

日本においては、ショッピング体験やホスピタリティが重視される国民性なので、そこを先鋭化させる必要があると、これまで言ってきました。一方、肌感覚としては、担い手不足も含めて年々その接客力がある実店舗というのは少なくなってきている感じがします(アパレル業界は顕著)。
となると、Amazonが日本で実店舗を展開する頃には、そのあおりを受ける企業はさらに多くなっているかもしれません。その危機感をもって、今、何をやるか?が問われています。
面白い記事でした。
アメリカではストアピックアップが普通になってきた。店舗では本物を触って納得できたらネットで買うか、すぐに欲しければストアピックアップで在庫のある店に取りに行く。同じ製品でも店舗によっては安く買えるし、ネットで買うと20%程度割引クーポンがあったりもする。

Amazonがストアピックアップも店舗での製品体験も両方重視した店を作り小売に打って出るというのはどんどん小売がクローズするアメリカにあって非常に面白い展開ではある。
エコーで注文できる場が飛躍的に増え、動画含めて扱う商材もどんどん拡大し、さらに商品をピックするための実店舗も増やす。そして、これらのサプライチェーンを通じた膨大なデータ処理をAWSのサービスラインナップ向上と費用低下に繋げていく。ホントにベゾスは隙がなさすぎる。是非、世界初の1兆ドル企業となって、個人のお金を毎年1兆円ずつ位、宇宙開発に投じてほしい。
Amazonは極力人を雇わず、極限まで効率化を図った実店舗の展開で、他社との差別化を狙うという感じ。Amazonだから何でも成功するとは限らないので、失敗を重ねながらの取り組みになると思う。
Amazonアカウント所有者が対象なら、ネットの需要が実店舗に移るだけという気もします。効率化の為のAmazonアカウントですが、実店舗ではそれがハンディになり、出店地域も限定されたものになる。Amazonの影響を受けるのは狭い範囲になるかもしれない。
アマゾンのリアルへの本気度が改めて理解できる記事。この未来を実感するためにもまずはシアトルに行く必要がありますね。
記事関係ありませんが、NYTの和訳出るまでって、2週間ぐらいかかるんですね。。

https://mobile.nytimes.com/2017/03/25/technology/amazon-wants-to-crush-your-store-with-its-technology-might.html?_r=0&referer=http://newspicks.com/
私も先日、スーパーに行く時間を節約しようとAmazon Freshに登録しようとしたけれど、スーパーに行って色んな新商品に出会うのも楽しいので、やっぱり辞めました。

自動レジは今後もっと進みそうですね。
Amazonの戦略や考え方は発想の勉強になりますよね。革新的なビジネスはもちろん、ビジネスを支える物流の考え方や特許などの取り方は非常に注目しています。
小売各社は、アマゾンがリアルに参入してきた時のケースを本気で考えないとですね。
今のところ、アマゾンの未来像は、世界の小売業の未来像になっている。
シアトルに現地調査行きたいな。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
188 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン