新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

132Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事を覚える段階ではロールモデルとなる上司や先輩がいると追いつき、追い越せでやりやすいですね。その次は仕事を覚える段階を過ぎてふと周りを見渡した時に上司や先輩が自分にとってどのように見えるかといったところでしょうか。この時に正直「あまりこうはなりたくないな」という見方をしてしまったら、社内外問わず次を考えたほうが良いかもしれません。これはあくまでも私の個人的な経験則に過ぎませんが。
稟議制度で良くも悪しくも責任を分かち合う我が国では、権限と責任の関係がなんとなく曖昧になりがちです。そんな中「その仕事は誰が権限を持っているのかを意識する」ことは確かに大切なことだと思います。「課長の意見も持たずに何で課長会議に出とるんや。課長会議やで。代理の意見なんかいらんわ」というのは、我が国の金融機関では確かに正論と納得です。(@_@;)フムフム
でも、「課長代理」が代理出席することを課長自身が容認したなら、課長の意見を聞いて来ようが来まいが、その発言は課長が管理する組織の意見です。課長代理は当然課長に対して責任を追うし、課長もその発言に縛られる。「代理の意見なんかいらん」と一蹴するなら「代理」の肩書は不要です・・・ とはいえ、多くの日本の金融機関の「代理」は一定の社内資格を示す名目的な肩書で、代理権限を持っていないのが一般的。対外的な影響を考えれば、本当は職務名称と権限も一致させるべきだと思うのですが、難しいのでしょうね。本文の趣旨から離れたちょっと素朴な疑問です ^^;
初期にいい上司に巡り合い、さらに重宝され、かわいがられるとともに術数を伝授してもらってたんですね。若手のころに経験が積める環境かは、会社の選択にはじまり配属や上司や先輩が大きく影響するので運不運もあります。
出口さんは、与えられた環境の中、状況を見極めベストな立ち位置を確保しつつ努力されていたことがわかる。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
阪急阪神ホールディングス株式会社(はんきゅうはんしんホールディングス、英語: Hankyu Hanshin Holdings, Inc.)は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・阪急交通社・阪急阪神エクスプレス・阪急阪神ホテルズおよびこれら5社の子会社を統括する持株会社。阪急阪神東宝グループの一翼を担う「阪急阪神ホールディングスグループ」の中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.19 兆円

業績